ホーム >> ライフスタイルネットラボ〜ストレスと日々戦うために「サウンドデトックス」 >> サウンドデトックス実践 1週間オススメ映像

ストレスと日々戦うために サウンドデトックス

VOL.3 サウンドデトックス実践編 せっかくだし映像も楽しんじゃう?

サウンドデトックス実践 1週間オススメ映像

では、一日の生活ストーリーの延長線上の映像とはどんなものでしょう?
ある若手社員Y君の1週間の流れをおって、加藤先生が映像と音楽によるサウンドデトックスを提唱します。

月曜日

Y君「これからまた、1週間がはじまる。今週もまた仕事を頑張らなくては!」

つかの間の週末も終わり、1週間の始まりの月曜日に観たい映像は、ズバリ「目標が立ち」「チャレンジする」「成功体験ができる」そんな映像と音楽でやる気を奮い立たせてみてはいかがでしょうか。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)ロッキー、リトル・ミス・サンシャイン 他

火曜日

Y君「明日はクライアントに初めてのプレゼン。何だか緊張を感じるな」

人間誰でも初めてのことに緊張を感じるものです。それは、脳が想定できないこと、予想できないことに緊張を感じているからと言えるでしょう。特に社会に出たばかりの新入社員は、環境や仕事など全てにおいて想定・予想できないことばかりで日々に緊張し、ストレスを感じていることでしょう。緊張を和らげストレスを感じないようにするには、まずはいろんな状況を疑似体験し、予想できる脳にすることをオススメします。 人間関係や会社、社会をテーマにした映画などを見るとよいでしょう。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)釣りバカ日誌 他

水曜日

Y君「ようやく週の半分かぁ・・。何だかやる気がおきないな」

中だるみを感じる水曜日。そんなときは「起承転結」という言葉があるよう、「転」が必要な時です。
「転」と何か? 普段は観ない映像や普段の生活にはない映像を見て、脳の気分転換をするのがよいでしょう。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)オーシャンズ、アース 他

木曜日

Y君「今日、仕事の問題に直面。この仕事本当に自分にあっているのだろうか?」

会社に入社して数年は多くの問題にぶつかり悩み、仕事の壁を感じることが多いでしょう。
でも壁を感じるということは、その分「のびしろ」があるということですし、逆を言えば、壁を感じないと伸びないともいえるでしょう。 そんな時には、もっと伸びていくと脳が感じる映像。
例えば、不可能を可能にした映像。地球最後の滅亡を救ったなど。最後には必ずできるという疑似体験ができる映像がオススメです。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)フィッシュストーリー、アルマゲドン 他

金曜日

Y君「やっと1週間が終わった。今週は本当に疲れたな」

疲れがたまっている時ほど、アドレナリンが出るアクション映画がオススメです。 「頑張って最後に何か得る」という共感を感じることができ、また、ドキドキするアクションシーンで脳を緊張させ、気持ちが上がったままの状態で週末を迎えられると、より活発的な週末をむかえられるのではないでしょうか。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)ダイハード 他

土曜日・日曜日

Y君「今週末は雨が続いて出かけられない。せっかくの週末なのに憂鬱」

雨の時期憂鬱に感じる人も多いはず。その理由の一つとしていえるのは、体が動かせず、運動不足を感じているということです。
雨の日だから外へ出て運動ができないという場合は、ミュージカルやアーティストのライブ映像。スポーツ映像をみるとよいでしょう。実際体を動かしていなくても、「体を動かそうという脳」と「体を動かす脳」両方を使うことになり、運動系の脳番地へシフトし気分がスッキリします。

そんな映像はこちら ⇒ オススメのDVDを紹介
例)音楽ライブDVD、マンマミーヤ、サッカーDVD 他

もちろん、それぞれの生活は違うはず、自分のストレスの周期や気持ちに合わせて音楽を聞くのがよいでしょう。
また、迫力のある音とキレイな映像で楽しんだほうが、イライラすることなく、よりサウンドデトックス効果が得られるでしょう。

そんな商品はこちら ⇒ オーディオシステム 商品情報へ

映像とサウンドデトックス TOP

こちらに掲載の情報は、2010年6月のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。