本サイトはスタイルシートを使用しております。お客様がご使用のブラウザはスタイルシート非対応のため、表示結果が異なっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

PHOTO
  • 2/7

デコレーションの中心となるのがツリー。フランスでは本物のもみの木(サパン)を使うことが多く12月に入ると花屋さんの店頭には大小さまざまなサイズのサパンが一斉に並びます。毎年サパンを新調するので、ピーク時には購入のため行列も。ちゃんとスタンドも付いていますし、2m以上のかなり大きいものもあります。写真は出番を待つサパンたち。



TOP

こちらの情報は、2012年11月のものとなります。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。