ホーム >> やまかわなおこの「life@naoko」 >> BACK NUMBER 2016 >> VOL.250 私達にできること

やまかわなおこの「life@naoko」

  • vol.250

    私達にできること

    2016.04.27

    熊本地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々とご遺族の皆さまに、深くお悔やみ申し上げます。
    東日本大震災の時よりSNSでの拡散力が強まり、情報が良くも悪くも広がったように感じました。またSNSと現実との温度差も感じ、いろいろなことをまた改めて感じた日々でした。

    被災地から離れたところにいる方は「被災者のために何かできることはないか」と自分にできることを必死に探したのではないでしょうか・・・。
    今、私達ができることは何でしょうか、、、いくつか支援できるサイトをピックアップしてみました。参考になれば嬉しいです。

    ■福岡市HP(WITH THE KYUSHU プロジェクト)
    ボランティアへ行くなら、しっかりと確認してから行くことが大切です。福岡市のホームぺージでは、支援したい方への注意事項などがまとめてあります。

    ■熊本市HP
    募金するなら、確実に熊本に届けたいですよね。熊本県への直接、寄付する方法があります。熊本市のHPに「被災された方への義援金」、「熊本市への寄附金」、「熊本城災害復旧支援金」の詳細があります。

    ■大分県HP
    大分にも直接届けられます。「平成28年4月地震大分県被災者義援金」、「平成2 8年4月地震大分県被災地寄附金」詳細があります。

    ■さとふる(ふるさと納税サイト)
    ふるさと納税を活用して、被害を受けた南阿蘇村、菊池市を支援することができます。

    ■OLIVE(被災地での生活を助けるデザインやアイディアを集めるサイト)
    東日本大震災の時にできたサイトを思い出しました。被災地を助けたいという思いを、実用的なデザインやアイディアにして表現しています。英語、中国語、韓国語も対応。一部、東日本大震災の対応となります。

    ■東京防災(東京都が発行している防災ブック)
    備えあれば憂いなし! と言うことで、今一度、確認してみては。
    東京での災害に対する事前の備えや対処法などが掲載されています。英語版中国語版韓国語版もあります。

    それぞれが、無理のない範囲で、できることからやってみませんか。
    一日も早く、安全と復興を心より願っています。

こちらに掲載の情報は、2016年4月のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。