ホーム >> やまかわなおこの「life@naoko」 >> BACK NUMBER 2013 >> VOL.237 キャンプに行こう!

やまかわなおこの「life@naoko」

  • vol.236

    キャンプに行こう!

    2013.08.28

    8月の猛暑真只中、ペルセウス流星群を見にキャンプに行ってきました! 場所は期間限定のキャンプ場「一番星ヴィレッジ」。夜は雲が出て、流れ星は1つしか見られませんでしたが、楽しいひと時を過ごすことができました。
    キャンプに慣れていない場合、大変なのはテントを張ることと、火を起こすこと。特に暑い日は汗だくです。 これから秋の空気に変わり、キャンプも過ごしやすくなります。是非、大自然の中、大好きな人達と楽しいキャンプをしてみてはいかがでしょうか。 キャンプ初心者から上級者までいくつかおすすめや気になるキャンプ場をご紹介いたします。

    ■一番星ヴィレッジ
    東京から車で70分ほど。千葉県市原市郊外にある、東京ドーム約13個分の牧草地「こころファーム市原」を「太陽と星空のサーカス」がプロデュースした期間限定のキャンプ場。2013年7月14日(日)から8月18日(日)の期間中は、「星空のヨガ教室」、星空を楽しむ「宙(そら)の学校」など、様々なイベントが開催されました。「宙(そら)の学校」では天体望遠鏡で土星の輪を見ることができました。太陽系の大きさをカラダで実感する「銀河旅行社 流星ツアー」にも参加! 子供から大人まで楽しめるイベントでした! また是非来年も開催してほしいです。

    ■WILDMAGIC 「THE THIRD PARK」
    初めての方や手ぶらで楽しみたい方におすすめは、東京の新豊洲にあるアーバンアウトドアパーク「WILDMAGIC」内の「THE THIRD PARK」。東京タワーやスカイツリーを眺めることができ、バーベキューセット、焚き火セットなど様々なグッズがレンタルできるオートサイト型キャンプ場です。機材、食材、セッティングから後片付けまで全て準備してくれる「手ぶらプラン」と「場所貸しプラン」から選ぶことができます。同じ「WILDMAGIC」内にある、オリジナルスモーク料理が楽しめる、直輸入カーゴトレーラー型カフェ「PITMASTERS」も気になります。

    ■北軽井沢スウィートグラス
    浅間山の北麓にある、北米インディアンの住居、ティピの宿泊体験ができるオートキャンプ場「北軽井沢スウィートグラス」。円錐形の美しいフォルムのテントにはファイヤープレイスがあり、焚き火も楽しめます。ペットも一緒に泊れるコテージ、薪ストーブを体験できるキャビン、ハンモックに揺られながらのんびり過ごせるキャビン、夢のツリーハウスなどにも宿泊することができます。

    ■ビーチロックビレッジ
    沖縄本島北部の西海岸にある「ビーチロックビレッジ」に行ってみたい! 自然エネルギー100%で運営されているネイチャーコテージ、モンゴルの遊牧民の住居、ゲル(パオ)をベースにした巨大テント、インディアンティピに宿泊できます。もちろん気軽に泊れるキャンプサイトもあります。魅力は海! 完全予約制のプライベートビーチ。日帰りも宿泊もOK。2004年から月1回で開催している「自給自足体験キャンプ」や、乗馬トレッキング、秘境滝ツアー、沖縄そば打ち体験など3日間ビーチロックビレッジを遊び尽くす「3デイズアドベンチャー」などのイベントも面白そうです!

    ■野反湖キャンプ場
    キャンプに慣れた方におすすめなのが群馬県にある「野反湖キャンプ場」。駐車場からリアカーで15分ほどかかるキャンプサイトで、不便ですがロケーションは抜群! 野反湖のほとりにあるテントサイトは200〜300張り可能な広大な敷地の為、週末やトップシーズンでも予約不要で利用できます。ただし、閑散期の平日は事前連絡が必要です。ノゾリキスゲの咲く7月と、少し寒くなってから空が澄んだころの星空を見に行ってみたいキャンプ場です。

    ■BENCI CAMP×Mayim Mayim 10th Anniversary
    最近はキャップ場でイベントが開催されています。星空を見ながら、美味しいお料理を楽しめるイベント「BENCI CAMP×Mayim Mayim 10th Anniversary」が気になります。渋谷、神南にあるカフェ「BENCI」と、10周年を迎えるパーティ「Mayim Mayim」のコラボレーション。BENCIのオーナーシェフが作るディナーとDJやLIVEが楽しめるイベントです。場所は神奈川県の「西丹沢大滝キャンプ場」。WEB申し込み先着200名限定だそう。気になる方はHPをチェック!

    いかがでしたか? 最近は手ぶらでキャンプができるんですね。便利な時代になりました。でもすべて自分達で用意して大自然の中で過ごすキャンプも魅力的です! 焚き火が心地良い季節が近づいてきました。是非キャンプへ行ってみては。

    • 拡大画像 >>
    • 拡大画像 >>
    • 拡大画像 >>

こちらに掲載の情報は、2013年8月28日のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。

BACK NUMBER 2013