ホーム >>  プラズマテレビのあるシーン >> トヨタホーム茨城「シンセ・レゾン」モデルルーム PAGE-1
<< TOP PAGE-1 PAGE-2 >>

プラズマテレビのあるシーン

トヨタホーム茨城「シンセ・レゾン」モデルルーム(茨城県 牛久市)〜「緑」「自然」「ぬくもり」を五感で感じる家

OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
OPEN >>
 

森の香りを漂わせるインテリアエレメント

 
今年4月、JRひたち野うしく駅から徒歩約7分の「総合住宅展示場ハウジングプレイスうしく」内に、トヨタホーム茨城によるモデルハウス(ひたち野うしく店)がオープンしました。
SINCÉ RAISON(シンセ・レゾン)」シリーズの二階建て戸建で、コンセプトを『暮らしを自由設計する住まい』とした完全フリーの注文住宅です。

「トヨタホームでは『人生をごいっしょに。Sincerely for You』をテーマに、環境にやさしく、長く住める家の設計を目指しています。長く住んでいただくには、まず基本構造がしっかりしていることが大切です。そこで、柱と梁を強固に接合して一体化させる鉄骨ラーメン構造を採用することで、長寿命、かつ耐震性の高い住まいを実現させました。
トヨタホームの鉄骨ラーメン構造なら、ワイドスパン工法により、最大35畳の柱なしという大空間を実現できます。また大開口部の設置も可能。さらに、家族の成長に合わせての間取り変更など、大がかりな工事をせずリフォームできます。
各ユニットに用いられる鉄骨には、クルマづくりから生まれた鉄骨のサビ止め技術の『カチオン電着塗装』が施されています。その高い防錆品質は家全体の耐久性を高めています。
また、定期的な点検と適切なメンテナンスを提案。最長60年の保証も実践しています。もちろん防犯性や快適性も追求。あらゆる面から安心・安全に、長く住める家を追求しています」(トヨタホーム茨城 設計デザイン室田中室長)

モデルルームの家族構成は、30代後半の夫妻と小学校に通う2人のお子さまの4人暮らし。ご主人の趣味は映画鑑賞で、休日や夜には映画やお酒を楽しんでいる。奥さまは友人や両親を招いてのホームパーティを楽しみにしている、といった設定です。
インテリアのテーマは、「森」。リビングをはじめとするさまざまな居室が、自然のぬくもりを五感で感じられるエレメントで構成されています。

「インテリアコンセプトを具現化させるため、展示棟の要所にさまざまな工夫を施しています。まず玄関ホールには、ウレタン樹脂で広葉樹の葉を挟みこんだパネルを用いて森の入口を演出。リビング前の階段ホールは、エアプランツによる大型のオブジェを配置することで、家族や客人をやさしく迎え入れるようようなおもてなしの雰囲気に。リビングには森そのものをイメージさせるような、目にやさしいグリーンの壁紙を壁・天井に採用しました。アクセントとして、北欧製の黒とシルバーの大判花柄の壁紙を、床から吹き抜けへと縦方向に伸びる間接照明の壁面に用いています。このように自然素材を多用しながら、これまでにないモダンで、かつ居心地のよい住環境を醸しだす雰囲気づくりを心掛けました」 (トヨタホーム茨城 住宅営業大塚主任)

自然色あふれるリビングルームは、ホームシアターとなっています。普段はプラズマテレビ「KURO」の映像を。120インチのスクリーンで、プロジェクターの映像を楽しみたいときには、さまざまなシーンを記憶させたリモコンのスイッチをオン。
自動的にカーテンは閉まり、スクリーンが登場。さらに照明もオフに。音響設備にもこだわりが活きる、120インチの映像を楽しむホームシアターに早変わりします。
最新テクノロジーを活かした未来的な家でありながら、素朴な自然を身近に感じられる家。これから求められる住環境のひとつのカタチに感じられました。

次のページへ続く>>
<< TOP PAGE-1 PAGE-2 >>