ホーム >> プラズマテレビのあるシーン >> 03.都市デザインシステムが企画・設計した「Block on Block - T邸」PAGE-1
<< TOP PAGE-1 PAGE-2 >>

プラズマテレビのあるシーン

都市デザインシステムが企画・設計した「Block on Block ‐T邸」自分の居場所を追求した、既成概念にとらわれない空間

「01」OPEN >>    
  「間取り図」OPEN >>
「02」OPEN >>
「03」OPEN >>
「04」OPEN >>
写 真:大越邦生
文:長嶋由里子
 

住んでいるのが嬉しくなるような美しい家を目指して…

  玄関扉を開けると、土間のようなエントランスホールが広がり、目前には真っ直ぐに伸びる階段。左手にはベッドルームと、円形の高級バスタブを搭載したバスルーム。黒塗りの壁が飲食店をイメージさせるトンネルのような階段を抜けると、広いLDKが。階段横には、天井の勾配を活かした和室や納戸を設置。キッチンとリビングを隔てる壁の上にハシゴで上がると、ロフトがあり、そこから屋上へも行ける。
延床面積90m²のメゾネット(ロフト付)のT邸をおおまかに説明すると、以上のような内容となります。一般的な暮らしの動線や使い勝手が良いとされる間取りなどの概念は、T邸にはみられません。

「長らく様々な賃貸マンションに、移り住んでいたんです。ごく普通のマンション暮らしもしたし、デザイナーズマンションと言われる集合住宅にも住みましたね。結局、満足のいく家には、出合えなかった。でも戸建てを建てると維持が大変。そこで、都市デザインシステムのコーポラティブハウスに興味を持ち始めたんです」と、Tさん。

コーポラティブハウスとは、居住者が組合を結成し、共同で土地を購入。建物の設計や工事発注を行うシステム。住民だけでイチから始めるとなると、非常に大変な道のりとなるため、都市デザインシステムが手がける物件は、都市デザインシステムが調整役となり、あらゆる工程を全面的にサポートしてくれるのです。

「約2年かけての家づくりでしたが、納得の空間ができあがりました。今まで住んだ家の良いところを取り入れたり、インテリアや住宅雑誌、モデルルームなどを参考にして、スケルトンの器に、自分の嗜好やライフスタイルを反映させていったんです。自分がいちばん使いやすい間取りを追求したんですね。例えば、リビングの大きな窓は譲れないけれど、キッチンは簡素で良かったり、トイレは2階にだけあれば良かった。自分のプライオリティを整理してでき上がった空間は、やはりオーダーならでは。いちばん最初のコンセプトである『住んでいるのが嬉しくなるような美しい家』を達成できたんじゃないかな。もはや家づくりが、趣味となっていたので、完成した今は、気が抜けてしまいました」

次のページへ続く >>
<< TOP PAGE-1 PAGE-2 >>