〔人名〕
ル・コルビジュエ
スイス生まれのフランス人(1887〜1965)。建築家。彼の作品は「住宅とは住むための機械である 家具はその設備である」という思想に貫かれ、建築なら「サボワ邸」家具なら「スリングチェア」「シェーズロング」など、その作品は名作として今なお強い影響力をもっている。版画・彫刻といった芸術も残している。