〔時代・様式〕
ミッドセンチュリー
一次世界大戦後、1950年ごろから 工業国としてぐんぐん成長していたアメリカで 起こった工業デザインの動き。 合板、プラスチック、ワイヤーなど 当時の新素材の実用化が進み、 工業製品としての家具デザインの分野が花開いた。 チャールズ・イームズ、ジョージ・ネルソン、エーロ・サーリネンといった デザイナーからノル社、ハーマンミラー社といった企業まで、多くの才能が競い合いともに成長した。