〔人名〕
マルセル・ブロイヤー
ドイツ生まれ(1902-1981)。バウハウスを代表するデザイナー。航空機工場でスチールパイプを世界で始めて家具に使うことを実現。「ワシリーチェア」はその代表作。材料と生産方法、コストといった工業的な問題を解決しながら、量産家具のデザインに力を注いだ。その後、渡米、建築家としても名を残した。