〔人名〕
フランク・ロイド・ライト
アメリカ生まれ(1867〜1959)。 世界で最も有名な建築家の一人。長方形、60〜30度の角度、円形や曲線などのパターンや、 伝統的建築にとらわれない自由な発想が評価された。日本の文化を愛し、 ライトはわが国でも活躍。旧帝国ホテルの設計や食器のデザインはライト館の愛称で親しまれた。 「落水荘」「グッゲンハイム美術館」といった建築から照明のデザインまで、デザイン界の流れを変えた巨匠。