〔人名〕
ブルーノ・ムナーリ
イタリア生まれ(1907〜1998)。 1930年に「役に立たない機械(オブジェ)」を発表、注目される。 針金を使って自由に動きを変えられる猿の人形「ZIZI」や子供用絵本、 玩具とその活動は教育界でも高く評価される。ダネーゼ社から灰皿「キューボ」 を発表、エンツォ マリと並び ダネーゼ社の代表的なデザイナーとなる。 最近シンプルなラインと独特の色使いのグラフィックやプロダクツがわが国でも注目され、 展覧会が開かれるなど、人気が再燃している。