〔名作〕
パイミオチェア
フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトの代表的な椅子。「パイミオ」とは地名で、1930〜31年にフィンランドのパイミオにある療養施設のためにデザインされた。大判の合板を曲げシートに使う発想と成型合板の技術を構造に活かした点が高く評価された。側面から見ると構造の美しさが際立つ。