〔時代・様式〕
バウハウス
1919年、ドイツ・ワイマールに 創設された国立の総合造形学校。 初代校長はワルター・グロピウス。 工芸デザインから写真、建築、舞台装飾に至るまで総合的に学ぶ というユニークなシステムで多くの才能を世に送り出した。 ミース・ファン・デル・ローエやマルセル・ブロイヤー、絵画のカンディンスキーなどがその代表。 バウハウス時代の家具は今なお、多くのメーカーで商品化され、その影響を強く受けた企業も多い。