〔名作〕
バルセロナチェア
ドイツ・バウハウスを 代表する建築家ミース・ファン・デル・ローエが、1929年のスペイン・バルセロナの万博の ドイツ館の式典に訪れるスペイン国王夫妻のためデザインした。 バウハウスで注目された材料スチールをX型の脚に使い、革張りのクッションで構成した。 今なおわが国でも様々な場所に置かれているのを見る。気品あるデザインがバウハウスの 目指したものを象徴しているといわれる。