〔企業名〕
トーネット
トーネットといえば家具の世界では曲木椅子の代名詞。18世紀の終わり、曲木職人のギルドで修業を重ねたミヒャエル・トーネットがトーネット社を設立。膠で似て薄い板を曲げる方法を発見、これをさらに改良して蒸気で木を蒸して曲げる方法を開発した。この技術で美しい曲木の椅子を製造、世に送り込んだ。とりわけNO.14という曲木椅子のデザインは椅子の歴史を変えたといわれている。ヨーゼフ・ホフマンといった当時の大御所デザイナーも、トーネット社で曲木椅子の名デザインを残している。