〔名作〕
トムバック
ロン・アラッドの代表的な椅子。背と座が一体となった、坐る人を包むようなシェル型で、原型はアルミニウムの真空成型で作られている。ただし今わが国の店頭で並ぶものは座面を樹脂にし、工業製品としての完成度を高めたものだ。アルミ版は既に、アート作品のような値打ちがついているという。彫刻などのアート活動と、量産の工業製品と、二つの分野で活動の幅を広げているロン・アラッドならではのデザインだ。