〔名作〕
ダイアモンドチェア(スモールダイアモンドチェア)
イタリア生まれ、アメリカンモダンデザインの旗手となったハリー・ベルトイアの1952年の代表作。ダイヤモンドチェアは四角い布を開いたようなシェル構造のフォルムをワイヤーで表現し、あらゆる方向から眺められるデザインをめざした。デザインの美しさだけでなく、ワイヤーの弾力性を掛け心地につなげている。金属工芸、彫刻工芸のバックグラウンドを持つベルトイアの快心の作。