〔材料名〕
集成材
木材の板を木目に沿って積み重ね、接着したもの。合板と違うのは、合板は木目が交差するように重ねていく点。塊としての強度が強く、そり、割れなどの欠点が防げる。柱、長押、鴨居、敷居、手すりなど長い部材に多用される。