〔企業名〕
ザノッタ
1954年、アウレリオ・ザノッタの指揮の下、ソファメーカーとして誕生する。1960年代から才能あるデザイナーを起用しはじめ、独自のスタイルを確立する。その名を世界に知らしめる契機となったのが「サッコ」という発泡ポリスチレンペレットを詰めた砂袋のような椅子で、坐る人の姿勢や用途でぐにゃりと変わるものだった。その後もアキッレ・カステリオーニ、ガエ・アウレンティ、ジョエ・コロンボ、エンゾ・マリ、スーパースタジオ、アレッサンドロ・メンディーニ、エットーレ・ソットサスと組んでの新製品を発表し続け、家具の世界の話題をさらっている。