〔名作〕
キャブ
イタリアの工業デザイナー、マリオ・ベリーニの代表的な椅子(1977年)。馬のでん部の繊細ななめし皮をスチールパイプの骨組みに被せ、脚の内側をジッパーで固定している。馬具職人の手仕事の技を生かし、薄く細く美しいフォルムの「キャブ」を生み出した。後にベリーニはこのキャブを自らリ・デザイン、樹脂版のキャブ「ベリーニチェア」を発表した。