〔人名〕
インゴ・マウラー
ドイツ生まれ(1932〜)。照明・プロダクツデザイナー。グラフィックデザインを学んだ後、渡米。フリーランスデザイナーとして活躍する。ヨーロッパに戻り事務所を設立、照明のデザインを始める。電球から羽根が生えたようなランプ、割れて飛び散った食器のそのシーンをそのままとどめたような照明など、ドラマチックなその作品は照明器具の常識を変えた。