〔人名〕
エーロ・サーリネン
フィンランド生まれ(1901〜1961)。 建築家。建築家の父エリエルとともにアメリカに移住。 北欧モダンとアメリカンモダンを調和させた建築や家具を発表する。 ミッドセンチュリーの代表ともいえる「チューリップチェア」は彼のデザイン。 リンカーン・センターやJFK空港のターミナルなどアメリカ建築史に残る仕事をした。