〔人名〕
アレクサンダー・ジラード
ニューヨーク生まれ(1907〜 )。 アメリカ人の母とイタリア人の父の間に生まれる。 ロンドン、ローマ、NYで建築を学び、デトロイトでデザイン事務所を開く。 そこでチャールズ・イームズと出会い、ハーマンミラー社で働くことになる。 同社が立ち上げたテキスタイル・セクションの中心的存在になり、 その後独立、21年間で実に300種類ものテキスタイルデザインを手がける。 そのパターンはどこかレトロでほのぼのしている。