ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 17.インテリアの表情が変わる!住まいのパーツ選び
2008.06.24 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

17.インテリアの表情が変わる!住まいのパーツ選び

ドアのノブや、家具の取っ手、タオル掛けにトイレットペーパーホルダーに至るまで、住まいの中を見回すと、様々なパーツが使われています。
パーツは最初からドアや家具に付いてくる物、という印象を持っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、リフォームを機にオーダーでドアや造作家具を作る場合は、小さなパーツ類も全て自由に選ぶことができます。

パーツにこだわってワンランク上の仕上がりに

パーツには材質や色のバリエーションはもちろん、クラッシックから、モダン、和風などのデザインのバリエーションもありますので、ドアや家具の細部にまで特徴的なデザインを施さなくても、パーツ類を、統一感あるものに揃えていくだけで、インテリアに表情が生まれます。
予算が足りない場合なども、家具やドアの材質を多少落としても、細かいパーツにこそお金をかけることで、全体の質を良く見せることもできるので、侮れません。
image image image image
革のエンドキャップが付いたステンレスレールは甘過ぎない大人の雰囲気に 曲線を描いた家具の雰囲気に合わせて、つまみは目立ち過ぎない小さな楕円形の物を選んで シャープなデザインながら、握った時に手になじむデザインのハンドル 鏡、照明器具、洗面ボウル、水栓金物、ゴミ投入口の各パーツをコーディネートして取付けた洗面台
現在の住まいを見回して、住まいのパーツ類がバラバラになっている、という場合は、パーツの交換という小さなリフォームで、インテリアイメージを統一感あるものに変えることができます。大掛かりなリフォームの予定はないけれども、デザイン性をアップさせたいときにもお勧めのリフォーム法です。
  TOPに戻る
TOPに戻る