ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 14.イメージと違う!失敗を防ぐ内装材選びの基礎知識
2008.03.18 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

14.イメージと違う!失敗を防ぐ内装材選びの基礎知識

リフォーム計画の中でも、最も楽しいのが内装材選びではないでしょうか?
でも、サンプル帳やカタログをドーンと持ってきて、「この中から好きなものを選んでください」というリフォーム会社も多いでしょうから、かなり気合を入れて選らばざるを得ない状況になることも・・・。これでは、膨大な量のサンプルの中からどれを選んだら良いのか判らず、楽しいハズの内装材選びが苦しい作業になってしまいます。
小さなサンプルだけで決めてしまったり、全ての内装材を比較しないまま決めてしまうのは失敗のもと。
そこで、ここでは、大事な内装材選びの失敗を防ぐ手順をお教えします。

STEP 1 カタログやサンプル帳から候補を選び出す

image たとえばフローリングひとつとっても様々なメーカーがあり、さらにそれぞれ商品のバリエーションがあるので、まずはこの中から、材質の特徴や、色、そして価格帯を見ながら、候補をいくつか選びます。

STEP 2 カットサンプルを取り寄せる

image 床材、壁材、家具の面材、カーテン生地など、選んだ候補のカットサンプル(A4サイズくらいの大きさ)を全て取り寄せ、小さなサンプルで見ていたときとは、印象が違っているものなどをここで省きます。

STEP 3 内装材の組み合わせをチェック

    内装材同士の組み合わせを変えながら、最もしっくりくる組み合わせを考えます。

STEP 4 現場で合わせて確認

  最後に、サンプルを実際にリフォームする場所に持ち込み、現地で確認すれば完璧。リフォームしない場所がある場合は、違和感なくつながるかどうかも確認してください。

  TOPに戻る
TOPに戻る