ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 13.暮らしやすい間取り実現の鍵は家具と家電の配置計画
2008.02.19 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

13.暮らしやすい間取り実現の鍵は家具と家電の配置計画

間取りの変更を伴うリフォームなら、自分達の価値観と暮らし方に合った間取りに造り替えることが可能です。ただし、単に部屋と部屋の間の壁を取り払って、部屋が広くなれば快適に暮らせるというわけではないのが、間取り設計の難しいところ。逆に言えば、狭くても居心地良く、機能的な空間を実現することもできるので、それぞれの部屋に、適切な広さと機能を割り当てることが重要なのです。

後回しのツケが、暮らしづらさを生む原因に

image
限られた面積を自分達の生活にぴったり合うように振り分け、間取りを決めるにはどうしたらよいのでしょうか?

様々なリフォームやインテリアコーディネートの経験から言うと、後回しにしがちな家具や家電こそ、リフォーム計画の初期段階から設計に組みこむことで、現実的な生活に合った間取りと機能を実現することが可能です。

ダイニングテーブルや、ベッド、テレビなど、家具や家電は住まいとは別々に購入することができ、あとからでも配置できることから、いくらでも変更ができると考えがちですが、実際には固定的な使い方をするもの。
ですから、固定的に造る壁や、キッチンなどと同様に計画する必要があるのです。

具体的な家具配置の方法は、何人が使う部屋なのか、通路や、 作業スペースとして家具のまわりにどのくらいのスペースを確保する必要が あるのかなど、基本的な家具配置の考え方がありますので、それに沿って
配置すれば、最低限必要な部屋の広さが割り出せるのです。

■「家具配置」関連記事一覧
快適インテリアコーディネート術
01.家電が変える?リビングの家具配置
08.快適生活の鍵 家具と家電のレイアウト
18.寝室の家具配置の基本
TOPに戻る
TOPに戻る