ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 10.リフォームの依頼先選びのポイント
2007.11.07 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

10.リフォームの依頼先選びのポイント

今後ますます需要が見込まれる住宅のリフォーム。
そのため、そもそも新築の住宅を専門としていた工務店や住宅メーカーはもちろん、設備機器メーカーや建材メーカー、不動産屋さんに、リフォーム専業のフランチャイズ店まで、住まいにかかわるありとあらゆる事業者がリフォーム業界に進出しているのが現状です。
そこで今回は、『いったいどこに頼んだら良いのかわからない。』という方のために、リフォームの依頼先選びのポイントについてご紹介します。

リフォーム会社の本業を知ることが一番の手がかり

image

ガス工事会社からインテリアショップまで、ありとあらゆる住まい関連の企業がリフォーム業界に進出するようになり、本当はもともとの本業とかかわりの深い工事内容が得意分野なのですが、『トータルリフォーム』と幅広いうたい文句を掲げる業者が多くなっています。

その為、一般の方々にはわかりづらく、「いったいどこにリフォームを頼んだらよいのかわからない」「悪徳業者というわけではないけれど、思い通りのリフォームはできなかった」というお客様が多いのではないかと思います。

ローコストで、質の高いリフォームのコツは、適切な依頼先選びにあるとも言えます。リフォームの内容を得意分野とする施工業者に依頼すれば、使用する設備や材料を安く仕入れることができたり、施工にも慣れていて安心です。

つまり、リフォームの依頼先選びの最大のポイントは、『リフォームの内容に合った依頼先を選ぶ』こと。そのためには、その会社の本業(そもそも何を売っている会社なのか)を知ることなのです。

もう少し具体的に言うと、

構造体を残してほとんど解体するような、限りなく新築に近いリフォームなら工務店さん、特定のメーカーのユニットバスや洗面台が気にいってリフォームするなら、そのメーカー系列のリフォーム店、クロスの張替えだけなら地元の経験豊富な内装屋さん、といった具合です。

なんとなく、お分かりいただけたでしょうか?

そのほか、特にデザインにこだわりたい、介護が必要な家族がいて、特別なきめ細かい設計の配慮が必要、という場合には施工会社だけでは対応できない場合もありますので、デザイナーや建築家など、こちらも、リフォームで重点を置きたい内容を得意分野としている専門家の力が別途必要になるかもしれません。

多くのコストがかかるリフォームですから、まずはじっくりと希望のリフォームの内容をまとめ、目先の安さや手軽さだけで依頼先を選ぶことのないよう注意が必要です。

TOPに戻る
TOPに戻る