ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 01.しっかり確認!リフォームの計画〜引渡しまで
2007.02.14 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

01.しっかり確認!リフォームの計画〜引渡しまで

今月からは、今まで連載していた「快適インテリアコーディネート術」に引続き「夢をかなえる!リフォーム術」をお届けします。 古くなった所を修繕するだけではもったいない!せっかくリフォームするなら、もっと暮らしやすく、カッコ良く、そしてリーズナブルに実現したいもの。
知って納得、賢いリフォームをするためのノウハウをお教えします !

リフォーム計画のスタートはまず、全体の流れを知るところから

拡大画像 >> リフォームは初めてで、何から考えたら良いのかわからないという声をよく聞きます。リフォーム計画のスタートはまず、全体の流れを知るところから。リフォームの流れを知ることで、スムーズに計画を進めることができます。 もっと前に知っておけば…。という後悔のないようにするためにも、しっかり確認しておきましょう。
  1.リフォームの計画を立てる  
    だいたいのリフォーム内容、予算、時期など。  
  2.情報を集める  
    希望のリフォームを実現するための依頼先の候補、設備や、仕上げ材、デザインやコストの実例などの情報を収集。  
  3.要望をまとめる  
    現状の問題点、家族の希望やプロフィール、家具や家電の寸法や必要な収納量など。  
  4.依頼先の候補を数社に絞って相談し、提案をもらう  
   
設計・施工をまとめて請け負うリフォームショップや公務店に依頼する方法のほか、手抜き工事防止や希望のデザイン実現のため、設計と工事監理を建築家やインテリアデザイナーに依頼し、工事は工務店などの工事業者に別々に発注する方法があります。

(※工事業者が下請けの建築家やデザイナーを連れてくる場合がありますが、この場合はチェック機能が働かないため、チェック機能を期待する場合は第三者に依頼したほうがよいでしょう。)
 
  5.気に入った提案内容をもとに打ち合わせ  
    打ち合わせを重ね、見積もりを出すための図面、仕様書の作成、使用する材料や設備の候補を決定。  
  6.工事の見積もりを依頼する  
    数社に相見積もりをとる場合は、必ず同一の条件=図面、仕様、材料、機器の品番を指定して見積もりを依頼するのがポイント。相見積もりであることも伝えれば、競争原理が働きやすいので、是非伝えましょう。  
  7.見積り査定とリフォーム内容の見直し  
    予算オーバーの場合は、設計変更や、優先順位の見直し、より安い材料の仕入れ先の検討など、調整する。  
  8.再見積もり依頼  
    調整内容をもとに再度見積もりを依頼。このときは工事の依頼先を一社に絞って信頼関係を築きながら交渉するほうがベター。  
  9.工事契約をする  
    内容、金額とも納得がいけば契約。必ず『契約書』と、その根拠となる『見積書』、『図面(仕様書)』をセットで契約します。  
  10.工程表をもらって、リフォームの準備  
    仮住まい、荷物の片付け、貴重品の保管、ご近所への挨拶、マンションの場合は管理組合への届け出など万全に。  
  11.着工したら、工事監理をまめにする  
    契約した設計図通りに工事が行われているかどうか、工程にあわせ工事監理を的確にするのが、リフォーム成功のカギ。建築家やデザイナーを別途頼む場合はプロの目でチェックしてもらい、報告を受けましょう。  
  12.竣工検査をする  
    工事が完了したら、出来上がりをしっかりチェック。設備機器類は、稼動させてチェックし、直しの必要な箇所をピックアップします。建築家やデザイナーを頼んでいる場合は一緒にチェックしてもらいます。  
  13.手直し工事のチェックがO.K.ならリフォーム完了!  
   

最終チェックが終わればリフォームは完了!引渡しを受けます。

引渡し後に使ってみて不具合が見つかったときは遠慮なく申し出ましょう。引渡し時点で正常でなかったと考えられる不具合や施工不良など(瑕疵)は、無料で直してもらえます。また、使ってるうちに故障してしまった場合の保証内容や保障期間は工事会社により違いがありますので、事前に確認しておくと安心です。
 
    いかがでしたか? いますぐリフォームの予定がない方も、新築の住まい作りを控えている方も、注意点は共通している部分も多いので、知っていて損はありません。さらに具体的なリフォーム成功のためのポイントは、次回以降書いていきますのでお楽しみに。
TOPに戻る
TOPに戻る