ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> Q&A07.帰宅時間が遅いので家族に迷惑をかけないようにしたいのですが
2012.04.18 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」

  mixiチェック
快適インテリアコーディネート術 目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術

Q&A07.帰宅時間が遅いので家族に迷惑をかけないようにしたいのですが

家族の生活時間帯がバラバラ、というお宅は意外と多いもの。小さなお子さんのいらっしゃるご家庭や、ご主人の帰宅時間が遅い、あるいは夜勤のお仕事など、就寝時間と起床のずれと気遣いでストレスになってしまっている例も多いようです。

夫婦の寝室を分けてみては?

拡大画像 >>
夫婦の寝室を分けたいという要望も少なくありません。
拡大画像 >>
スペースにゆとりができたら、デスクやドレッサーを置いて。

ご主人が仕事で毎日帰宅が遅く、深夜になることもしばしば、というというお宅では、物音や照明の点灯などで家族を起こしてしまうことのないように、本来の寝室以外の場所で寝ているというケースも耳にします。

家族一人一人のライフスタイルは変化し続けますので、部屋の使い方もその時々に合わせてより快適に暮らせるように変えるのが理想です。気兼ねしながら夫婦でひとつの寝室を使うより、思い切って寝室を分けてしまうのも、快適に暮らすためのひとつの答えではないでしょうか。

また、寝室を分けることによって、部屋にスペースの余裕が生まれるでしょうから、寝室の一部に書斎を設けたり、ドレッサーを置いてお化粧ができるようにしたりという+アルファの部屋の使い方も可能になります。

子供が巣立って、使っていない部屋がある、という場合なども、一人一部屋ずつ、ゆったりと部屋を使っても良いかもしれませんね。

  TOPに戻る
TOPに戻る