ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> Q&A06.仕事をするスペースを確保したいのですが
2012.03.14 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」

  mixiチェック
快適インテリアコーディネート術 目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術

Q&A06.仕事をするスペースを確保したいのですが

自宅でパソコンを使う方も増え、日常的に自宅で仕事をしたり、勉強したりできるスペースを確保したいというご相談も増えています。自宅で仕事のためのスペースを確保する場合には、家族との時間や、ONとOFFの時間の切り替えのしやすさも考慮してスペースを確保すると良いでしょう。

仕事とプライベートの切り替えも意識して

拡大画像 >>
リビングをウッドブラインドで仕切り、仕事のためのスペースを設けた例
拡大画像 >>
寝室に書斎を設けた例
拡大画像 >>
仕事のための独立した部屋を設けた例
住まいの中に仕事をするためのスペースを設ける場合、

1.リビングの一部に設ける
2.寝室の一部に設ける
3.ダイニングを仕事の作業スペースとしても使う
4.独立した部屋を設ける

などが考えられますが、1〜3の場合は、くつろいだり、食事をしたりスペースに仕事場を設ける事になりますので、仕事の時間とプライベートな時間の切り替えがうまくいかなくなり、仕事が思うようにはかどらなかったり、ゆっくり休む事ができないためにストレスを溜めてしまうこともあるので注意が必要です。

特に、仕事をする時間帯と、家族が食事したり休んだりする時間帯が重なってしまう場合には、避けるほうが良いでしょう。
一人暮らしや、他の家族との生活時間帯が違う場合などには、リビングの一角に書斎コーナーを設けたり、ブラインドなどでスペースを仕切ったりしてスペースを確保する方法も考えられます。
独立した仕事部屋を設ける場合には、広げた書類や、パソコンをそのままにすることもできますし、仕事の場をくつろぎの場を分けることによって、ONとOFFの切り替えをしやすくなる効果も期待できます。
  TOPに戻る
TOPに戻る