ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 実例09.賃貸マンション エントランス(銀座)都会の中の癒し空間をテーマにしたコーディネート例
2011.09.07 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」

  mixiチェック
快適インテリアコーディネート術 目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術

実例09.賃貸マンション エントランス(銀座)都会の中の癒し空間をテーマにしたコーディネート例

今回はいつもとはちょっと違い、お部屋の中ではなく、マンションの共用部分であるエントランスのコーディネート例をご紹介します。
都心での生活は、通勤時間が短く便利な反面、仕事モードのまま帰宅してしまうなど、切り替えが難しい場合も。そこで、マンションのエントランスがONとOFFの切り替えの場となるように、植物を多く取り入れ、『都会の中の癒し空間』をテーマにコーディネートしました。

ウォーターヒヤシンスの家具類と植物を作って、リゾート感覚を演出

拡大画像 >>

エントランスからエレベーターまでの動線の邪魔にならないように家具を配置。同時に、視線の行く先に植物やオブジェを配置しています。

拡大画像 >>

ソファのフレームはウォーターヒヤシンス(ホテイアオイ)を編んだもの。両サイドに、同じ種類の植物(ストレリチア・ジャンセア)を配置して。

拡大画像 >>

エレベーターの脇には雰囲気のある枝振りのドラセナ・コンシンネと椅子を一脚用意して、エレベーターを待つ間に座っていただけるようにしました。

拡大画像 >> ソファの脇にはベンチを配置し、テーブルには少し葉が下に垂れ下がるシュガーバインを選びました。器は籐の鉢カバーで、ウォーターヒヤシンスと素材感を合わせて。
拡大画像 >> 曲線を描いた壁面にはカーテンレールを取付け、木製のパーツを組み合わせて作るウッドカーテンをオーナメントがわりにしました。
  TOPに戻る
TOPに戻る