ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 実例07.賃貸マンション(3LDK)ゆったり暮らしやすいインテリアコーディネート例
2011.06.29 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」

快適インテリアコーディネート術 目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術

実例07.賃貸マンション(3LDK) ゆったり暮らしやすいインテリアコーディネート例

各部屋の面積が狭い場合、2LDKや3LDKといった間取り通りに部屋を使おうとすると、どの部屋も窮屈で暮らしづらくなってしまう場合があります。そんな時は、間取り表記にとらわれずに部屋の使い方を見直すと、ゆったり暮らしやすくなる場合があります。

LDはダイニング機能にしぼり、寝室は一人一部屋で

拡大画像 >>

3LDKとして部屋を使おうとすると、どうしても窮屈になってしまう間取りの賃貸マンション。

拡大画像 >>

モデルルームでは、部屋の使い方の発想を変え、LDをゆったりとくつろぐこともできるダイニングに、そのかわりバルコニーをアウトドアリビングとして使う提案をしました。

拡大画像 >>

LDはソファを置かない代わりに、ダイニングチェアはゆったりすわれる肘掛け付きのアームチェアに。

拡大画像 >> ダイニングの隣は書斎に。
拡大画像 >> 寝室は、一人一部屋を使う事でゆったりと暮らすことができます。
拡大画像 >> バルコニーはリクライニング機能付きのビーチチェアとサイドテーブルを配置して、くつろげるアウトドアリビングに。
アウトドアリビングは、建物の外側も生活空間として使えるだけでなく、タバコを吸う家族のいるお宅にもおすすめです。
 
  TOPに戻る
TOPに戻る