ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 実例05.賃貸マンション(1DK)女性一人暮らしのインテリアコーティネート例
2011.02.23 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


快適インテリアコーディネート術 目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術

実例05.賃貸マンション(1LDK) 女性一人暮らしのインテリアコーディネート例

今回ご紹介するのは賃貸マンションのモデルルームのコーディネート例。女性の一人暮らしを想定して、カフェ風のかわいらしいインテリアを提案しました。また、この物件は部屋の形状が変形のため、どのように家具配置したら暮らしやすくなるか、という点が最も大きな提案のポイントでした。

ベッドの配置が最大のポイントに

拡大画像 >>

1DKで30平米と聞けば広めのように感じるかもしれませんが、部屋の形状や窓、出入り口の扉の位置など、間取りによっては実際に使える面積がずっと狭い場合があり、この間取りはまさにそのケース。

水廻りはゆったりとして、大型のクローゼットが2箇所用意されているものの、寝室は、常識的なベッドの配置ではクローゼットの扉や、ダイニングへの通路が取れない状態になってしまいます。

拡大画像 >>

そこで、ベッドを部屋の中央に配置。こうすることで、ベッドの3方向に最低限の通路が確保でき、部屋を広く見せることもできました。

ダイニングテーブルも小さなものにして、狭いながらカフェでお茶を飲むような雰囲気が味わってもらえたらと、楽しい一人暮らしのイメージが湧くような小物をセレクトしました。

拡大画像 >> バッグや洋服、帽子などをサッとかけておけるコート掛けもカフェ風。
拡大画像 >> ゆったりとしたティータイムを味わうために、テーブルセッティングはちょっと本格的に。チョコに見えるのは実は電卓です。
拡大画像 >> 裁縫道具もかわいらしく。
拡大画像 >> 洗濯機廻りのディスプレイは、住む人のこだわりや好みを感じさせる洗剤や石鹸をセレクトして。
 
  TOPに戻る
TOPに戻る