ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 08.最小限リフォームで1人の時間も快適に過ごせる2人暮らしの住まいに
2009.09.10 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


目からウロコの家具配置術 夢をかなえる!リフォーム術 快適インテリアコーディネート術

08.最小限リフォームで1人の時間も快適に過ごせる2人暮らしの住まいに

最近、中古マンションを購入して自由にリフォームするのが人気です。
間取りを全面的に変更するようなリフォームも勿論可能ですが、それなりにコストもかさみますよね。そこで、今回から4回に渡って、間取りを生かしつつ最小限のリフォームで暮らしやすくする方法をご紹介していきます。

間取り診断(賃貸マンション 1LDK 45m²)

拡大画像 >>
1LDK(45平米)のマンション。

キッチン、浴室、洗面所はやや狭いものの、洋室はなんとかクィーンサイズのベッドが置ける広さ。 玄関を入ると水廻りが住戸の中心にレイアウトされているため、洋室にもLDKにも大きな窓が取れているので、窓の外に大きな建物などがない限り、明るく、通風も確保できる間取りです。

難点は、掃除機や古新聞のストックなど、雑多な物を収納する物入れがないほか、トイレ、洗面所、洗濯機まわりに収納スペースが確保されていないことです。

また、なぜかLDKにも衣類を収納するクローゼットが付いているので、特別衣類が多いわけでなければ、中途半端な収納スペースになってしまうことです。

LDKのクローゼットを書斎コーナーにリフォーム

拡大画像 >>

お互いに仕事を持ち、休みの日以外は生活時間がバラバラ。忙しい時には、家に仕事を持ち帰ることもある、という2人暮らしなら、2人で過ごす時間だけでなく、1人で思い思いに過ごす時間も大切にしたいのでは?

そこで、LDKクローゼットを書斎コーナーにリフォーム。場所を取るFAX機能付きの電話機や書籍類も収納します。

ソファは2人がゆったりとくつろいでTVや映画、音楽鑑賞ができるようオットマン(脚のせ用のスツール)も2台用意します。

ダイニングに、幅1m60cmのテーブルを置けば、来客の時も4人〜5人に対応することができます。

トイレ、洗面所、洗濯機上部にはそれぞれ収納スペースを造作家具で追加し、キッチンの脇に掃除機類の物入れ、リビングにはTV台を兼ねたDVDや雑誌の収納スペースを確保すれば、すっきりと部屋が片付き、生活感のない二人暮らしが実現できます。

 
  TOPに戻る
TOPに戻る