ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 20.年末は持ち物整理のチャンス!
2006.12.13 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


快適インテリアコーディネート術 夢をかなえる!リフォーム術

20.年末は持ち物整理のチャンス!

物と切り離せない生活を送っている私達にとって『収納』は永遠のテーマ。苦労されている方も多いと思いますので、このコンテンツでも収納をテーマに記事を書いてきましたが、どんなに工夫して上手に収納しても、物の量に対して収納スペースが足りなければ、物は部屋にあふれてしまいますよね。 つまり、『収納計画』の次にすべきことは、『物の量の見直し』です。 なかなかきっかけがないとできないという方は、年末のこの時期がチャンス!一気に片付けて、すっきりと新しい年を迎えたいですね。

一年に一度、物の量を見直してみる

 

拡大画像 >>

年末は持ち物整理のチャンス!
 

収納スペースに収容できる物の量まで減らすのが、すっきり暮らすための最終手段。

でも最近は、衣替えの時期に夏物と冬物を入れ替える作業をしない方も増えていると思いますので、見直しの機会を失って、特に衣類はたんすの肥やしが増えているというケースもあるのでは?

きっかけがないとなかなかできない、という方も多いと思いますので(私もそうです)、おすすめしたいのが年末の大掃除の時期の持ち物整理です。

衣類に限らず、書籍や、バッグ、小物に靴そして家具や雑貨なども、リサイクルに出すもの、処分するものなどに分けて、物の量を減らせば、大掃除もスムーズに。

どうしも捨てることに罪悪感があって捨てられないという方は、ネットオークションなどを利用するといいかもしれません。

こんなものまで?と思うほど買い手が付く場合もあるので、やってみる価値ありです。
 
 
今ある本棚を美しく見せるには
 

拡大画像 >>

本棚の一部を飾り棚として使う場合は、視線の高さに飾って。奥行きを見せることで、圧迫感がやわらぎます。
 

本棚を置いている方も多いと思いますが、扉がついていないオープン棚の場合は、ちょっと雑然と見えがち。気になっている方も多いのでは?

そこで、本の並べ方を変えるだけで、スッキリ素敵に見せる簡単な方法をお教えします。

まず、本棚にかなりぎっしりと本が入っている場合。
次のような原則に従って並べ変えてみるとスッキリと見えます。

1. 大きな本は下の段へ、小さな本は上の段へ

さらに….

2.背の高い本は両サイドへ、背の低い本は中央に。

また、本の数がそれほど多くなく棚に空きスペースがある場合は、目線の高さの棚は飾り棚のように使って、本棚の奥行きが感じられるようにすると、不思議なことに、圧迫感がやわらぎ、部屋が広く見えます。

* リビングのように座って過ごす部屋では、座った状態で、目線の高さを確認しましょう。

そのほか、同じサイズの本なら、背表紙の色に注目して、濃い色(=重く感じる色)を下の段に、薄い色(=軽く感じる色)を上の段に持っていくと、安定感が出ます。 本を並べ変えるだけで簡単にできるので、本や雑誌の整理のついでに是非試してみて下さいね。

■「収納」関連記事一覧
03.収納の基本って?
04.いまある収納をプチリフォーム
05.収納家具オーダーのコツ
19.収納がうまくいかないのは誰のせい?
20.年末は持ち物整理のチャンス!
21.システム収納家具選びのポイント

 
TOPに戻る
TOPに戻る