ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 18.寝室の家具配置の基本
2006.10.18 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


快適インテリアコーディネート術 夢をかなえる!リフォーム術

18.寝室の家具配置の基本

快適な睡眠環境を作る第一歩は、寝室の家具配置から。
ことにベッドの配置の基本さえ押さえれば、衛生的で機能的、静かにゆっくり眠れる環境が作れます。 秋の夜長に、寝室の家具配置を見直して、快適な寝室の環境を整えてみませんか?

まずはベッドを配置の基本に沿って配置してみる

 

拡大画像 >>

ベッドメイクのためのスペースを確保して ナイトテーブルを一台置くと、最低でも1.7m×2.5mのスペースが必要に。

 

ベッドは、シーツや枕、カバーなどを整える“ベッドメイク”をするのが基本の使い方。
ですから、ヘッドボード側以外の3方向にベッドメイクするための、手が入るスペースをとって配置するというのが実は基本なのです。

また、部屋をできるだけ広く使いたいからといって、壁ぎわにベッドサイドをぴったりつけて配置すると、結露がおきやすく、結果としてカビがはえるなどの弊害もあるので、その意味からも壁から離して配置する必要があります。

また、枕元には、眼鏡や時計、書籍などを置くテーブルが必要ですので、少なくともベッドの片側に65センチ以上は確保したいところ。そのため、シングルベッドの一人用寝室では、最低でも1.7m×2.5mのスペースが必要になります。

 
 
家具の大きさだけだなく、人や家具の動くスペースも確保するのがポイント
 

拡大画像 >>

引き戸タイプのクローゼットなら、より少ないスペースで快適な家具配置が可能です。

 
拡大画像 >>
椅子、デスク、ドレッサーなどを置く場合には
椅子をひいて立ち上がれるだけのスペースを見込んで配置。
 

「ベッドを置いてみたらクローゼットの扉が開かなかった!」などという失敗がないように、寝室に設けるクローゼットとベッドの間には、扉を開けて中身を取り出す動作にスペースを確保する必要があります。

引き戸の場合なら65センチ、開き戸のクローゼットなら90センチ以上のスペースを確保する必要があります。

子供部屋や書斎など、寝室にデスクを置く場合には、ベッドとデスクの間に人が立ったり座ったりできるだけのスペース110センチ以上が必要です。

その他の注意点としては、ベッドを窓際に寄せて配置しないこと。

ガラス窓は壁に比べて外気の影響を受けやすいので、冬場は、窓の近くの空気が冷やされ、上から下へ冷気が降りてくるため、この位置に寝ていると、風邪をひいたり体調を崩しやすくなります。

また、お風呂や、トイレなどに面した壁側に頭を向けると流水音などが気になりますので、これも避けるようにします。マンションの場合は自宅だけでなく、お隣の水廻りの位置を確認して、配置を決めれば万全です。

 
TOPに戻る
TOPに戻る