ホーム >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 15.カラーコーディネートの極意
2006.07.19 UPDATE

秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」


快適インテリアコーディネート術 夢をかなえる!リフォーム術

カラーコーディネートの極意

インテリアのカラーコーディネートが難しい理由は、使われる建材や家具、カーテンなど、それぞれのカラーバリエーションの範囲内で組み合わせなければならないという制約があること。
そして、『色』は照明の種類やまわりにある物の色の影響を受けて、見え方が変化する性質を持っていることにあります。
そんな難しい条件の中でも、きちんと方向性を決め、正しい手順を踏めば大失敗はなくなりますので、しっかりとポイントを押さえたカラーコーディネートを実践してみてください。

テーマとテーマカラーを決める

 

拡大画像 >>

カラーサンプルを見るとき、隣の色の影響に惑わされないよう、一色ずつ確認できるようにします。

拡大画像 >>

自分の頭の中で色をイメージすると、意外と少ない色数しか思い浮かばないもの。たとえばブルーといっても様々なブルーがあるので、カラーガイドや、塗装の色見本などを参考に色選びをしてみるのもおすすめです。

 

様々な色や素材を見ているうちに迷いが出てくるのは当然のこと。だからこそまずは、カラーコーディネートの方向性を決めるためのテーマとテーマカラーを決めることをおすすめします。

たとえばテーマは、暖かみのあるくつろげる部屋にしたいのか、それとも生活感のない緊張感のある部屋にしたいのか、大人っぽい上品な部屋にしたいのか、思いきり元気が出る感じの部屋にしたいのか等々。テーマを決めておけば、迷った時の判断基準にもなります。

テーマカラーも自由な発想で決めてみてよいと思います。 なぜだか元気をくれる色、落ち着いた優しい気持ちにさせてくれる色、 旅で出会った忘れられない色、ひと目惚れしたソファの色。毎日ちょっといい気分になれる、好きな色をテーマカラーに決めれば、なんだかカラーコーディネートが楽しくなってきませんか?

 
 
色選びの順番は選択肢の少ないものから
 
住まいが出来上がっている場合
新築・マンションの自由設計など場合
 

住まいを構成する床や、壁、家具、カーテン、ラグなどのカラーコーディネー ト
をする時、いったいどこから決めていけば良いのか迷ってしまいますね。

でも実は簡単で確実な方法があります。

それは、色の選択肢の少ないものから決めていくということ。

例えば....
すでに住まいが出来上がっているのであれば、床や壁に合わせて、カラーバリエ
ーションの少ない順に家具→ ラグ→カーテンという順番で決めていきます。

また、新築や、マンションの自由設計などでこれから内装材を選ぶのであれば、
まず、好みの家具を決め→床材→壁材→ラグ→カーテンという順番で決めていき
ます。
家具を一番最後に選ぶ方が多いようですが、自由に色を決められるオーダー家具を採用するわけではない限り、家具の色や素材は他の物に比べて選択肢が少ないので、後回しにすると最終段階で行き詰ってしまう結果になりがちです。

実際に、家具の色を念頭に置かないまま、なんとなく床材を選んでしまって、 気
に入った家具と色が合わなかったというケースも多く見受けられます。

理想的には様々なインテリア素材の色を同時に決めることができれば、最も調整
がしやすくて良いのですが、段階的に決めなければならない場合は、 上記の手順
がお勧めです。

また同時に決める場合も、それぞれの色の候補を絞り込んでいく順番は同じこと
ですので、頭においておくと格段にカラーコーディネートの失敗がなくなります。
 
最終確認は現地で
 

拡大画像 >>

床のフローリング、水廻りのタイル、木製の家具、ソファの張地、プリーツスクリーンのサンプルなどを揃えて現地で確認します。

 

家具やカーテンの色を決める時、『お店では気に入ったけど、実際部屋に入れてみたらなんだか違う色に見える。』なんていう声も耳にします。

これは、お店と自宅では、照明の種類も、自然光の入り具合も、まわりに置いてある物の色も違うため色が違って見えているということが考えられます。

この問題を解決するための確実な方法は、家具やカーテンをそれぞれのお店で決めてしまうのではなく、実際に置く予定の部屋で最終決定するということ。方法としては、コーディネートの候補となる、家具の面材や、ソファの貼り地、カーテン生地のサンプルなどをもらって帰り、実際の空間で色の見え方を確認して決めるのです。

小さなサンプルで全体の仕上がりをイメージするのは経験を必要とするところですが、それでも現地でサンプルを見ると、かなり自信をもって色選びができるようになると思いますので、是非お試し下さいね。

 
TOPに戻る
TOPに戻る