ホーム >> ライフスタイル >> 秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」top >> 04.いまある収納をプチリフォーム
2005.08.03 UPDATE
秡川寿美礼の「実践!インテリア改善計画」

快適インテリアコーディネート術 夢をかなえる!リフォーム術
いまある収納をプチリフォーム

大掛かりなリフォームはしたくないけれど、既にある収納スペースをもっと使いやすくできないかと考えている方もいらっしゃるのでは? そこで、そんな時の解決策としてお勧めの方法をご紹介します。

棚や引き出しの追加で、収納量と機能性アップ!
 
拡大画像 >>

横浜市H邸
マンションの収納内部に引き出しとワイシャツ用の棚を取り付けた

拡大画像 >>
玄関収納の扉裏につけた、小物入れポケット
拡大画像 >>

キッチンのシンク下に取り付けたダストボックスと包丁差しのパーツ

 

ハンガーパイプを取り付けただけのウォークインクローゼットや棚板の数が少ない収納スペースは、使いづらいもの。

かといって新たな収納家具を購入すれば、生活スペースを狭めることに。 そこで、まずお勧めしたいのが、今ある収納スペース内部のプチリフォームです。

しまうものの大きさに合わせて棚板を追加したり、引き出しをつけたり。そのほか、フックや、扉の裏に小さなポケットをつけることで、現在の収納スペースはぐっと使いやすくすることができ、収納量も格段にアップします。

高級システム家具に使われているようなパーツを取り付けて、使い勝手を良くすることもできるので、DIYから一歩進んだ完成度の高いプチリフォームも可能です。

例えば、キッチン廻りでは、ゴミの置き場に困っている方も多いのですが、シンクの下のキャビネットにぴったりセットできるスライド式のゴミ箱などのパーツを追加することで、キッチン廻りをすっきり、使いやすくすることもできます。

 
扉や取っ手の交換でインテリアイメージを一新することも
 

拡大画像 >>

↑ドイツ製の家具用取っ手↓

かく
 

また、収納の扉の色や素材、取っ手のデザインは、インテリア全体のイメージに大きな影響を与えているので、収納の扉が古くなったり、丁番がきかなくなった場合には、扉を全部取り替えると、インテリアのイメージを一新することができます。

まだ新しいので扉ごと取り替えるのはもったいない、という場合は、取っ手を交換するだけでもとても素敵になります。

市販されているものはごくわずかな選択肢しかないのが現状ですが、国内外には、たくさんの金物メーカーさんがあり、実は目移りするくらいすばらしいデザインのものがたくさんあります。一般には流通していない金物も、特注家具工事店やリフォーム会社を通じてなら手に入るので、なんとなく気にいらなかったという方は、プチリフォームを検討してみては?

■「収納」関連記事一覧
03.収納の基本って?
04.いまある収納をプチリフォーム
05.収納家具オーダーのコツ
19.収納がうまくいかないのは誰のせい?
20.年末は持ち物整理のチャンス!
21.システム収納家具選びのポイント

 
TOPに戻る
TOPに戻る