ホーム >> インテリアスタイル別 色の解説 >> Romantic Color(ロマンティックカラー)
インテリアスタイル別「色の解説」

Romantic Color(ロマンティックカラー)

いつの時代も女性に愛されるロマンティックスタイル。
バラに代表される優雅で可憐な花々。
その優しさと上品な香りに包まれるような
やわらかな空間を。

ピュアビジョン
インテリアパッケージ
A25-90D
     
Creamette
クリーメッテ

柔らかいクリームを思わせる淡い黄。SWEETSには欠かせない世界共通の色。

Rose
ローズ
バラの木に咲く淡い赤。フランスでは、女の子が生まれるとピンクやローズの衣類や寝具などを選ぶ習慣がある。
Rose The
ローズ・テ
園芸種のバラのことで、淡い黄みのピンク。 茶の香りがあることから、茶のバラを表すティー・ローズの名が与えられた。
Emeraude
エムロード
鮮やかな緑の宝石の色。エメラルド・グリーン。 19世紀以降、絵の具の名前としても用いられ、印象派など多くの画家に愛用されている。
Albatre
アルバートル
白く柔らかで半透明をした緻密な石、雪花石膏の色。光沢が美しく、彫刻に使用される。
Miel
ミエル
蜜蜂が花から花へ集め、貯蔵した非常に香りの良い甘い穏やかな蜂蜜の色。
Lavande
ラヴァンド
ラベンダーの花の色からとられた明るい青紫。 香りがよく、昔から水浴の際の香水に用いられた。
Hyacinth Blue
ヒアシンス・ブルー
ヒアシンスの花のような明るい紫みの青。「可憐な、美しい」という形容詞としても使われる。
Old Rose
オールド・ローズ
19世紀後半ヴィクトリア女王時代に登場した色名で、灰みを帯びたピンク。
     
DICカラーデザイン株式会社のwebサイトへ ディックカラー&デザインのwebサイトへ