ホーム >> HOT TOPICS >> 高音質ハイレゾライフへの第一歩! オンキヨー「PCレスのハイレゾダウンロード説明・体験会」
2015.05.07 UPDATE

HOT TOPICS

 
 

高音質ハイレゾライフへの第一歩!
オンキヨー「PCレスのハイレゾダウンロード説明・体験会」

Check
image
※こちらの体験会は終了となりました。
沢山の方にご来場いただき、ありがとうございました。


ここ数年でよく耳にするようになった「ハイレゾ」。CDを圧倒的に上回る情報量の高音質音源ということは知っているけど、実際にはどれ位よい音? 楽しむにはどうすれば? と思っている方も多いのではないでしょうか?
興味はあるけれどはじめの一歩がなかなか踏み出せない、やってみたけれど良く解らないという方をサポートするのが、オンキヨー主催の「PCレスのハイレゾダウンロード説明・体験会」。ハイレゾの基礎知識とダウンロードの方法、さらに楽しむための方法などを、メーカーの担当者から直接聞くことができる体験会です。
八重洲にあるギブソン、ティアック、オンキヨー3社による合同ショールーム「Gibson Brands Showroom TOKYO」で定期的に(詳細スケジュール)、予約不要・入場無料・出入り自由という気楽なスタイルで開催しています。ライフスタイルネットもこちらの体験会に参加し、ハイレゾの勉強と視聴をしてきました。その様子をレポートします。
高音質ハイレゾ音源について、基礎知識を整理してみよう!
image
会場は一階のハイレゾとドルビーアトモスが楽しめる、リビングシアターエリア。こちらの体験会を担当する本谷恵佑氏が参加者を出迎え、第一部「スマートフォンでハイレゾ体験!アカウント作成から再生まで」がスタート。 まずは、ハイレゾとは具体的になにか? スライドを使って説明していきます。

ハイレゾとは? スタジオで録音された原音に近い状態の音源であること。高解像度という意味で、CDよりも格段に細やかな音の表現ができる音源であること。それを表す単位「○○kHz(キロヘルツ) / ○○bit(ビット)」の意味合いなども解りやすく説明されます。CDを圧倒的に上回る情報量といわれていますが、実際にCDと比較すると「96kHz / 24bit」の場合には約3.3倍、「192kHz / 24bit」の場合には約6.5倍だそう。容量の感覚がつかめたところで、ハイレゾダウンロードのステップへ。
ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】に登録、一曲無料でダウンロード
image
こちらからは90,000以上の配信曲数を持つ国内最大級のハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】の、メンバー登録からダウンロードまでの手順の説明です。スマートフォンをお持ちの方は、担当者と一緒にメンバー登録をすることも可能です。解らなくなったらすぐに質問できるので、安心して進められます。

参加者には「e-onkyo music」から一曲無料でダウンロードができるクーポンがプレゼントされます。お持ちのスマートフォンがAndroidであれば、ショールーム内を飛んでいるWi-fiを使ってこの場でダウンロードすることもできます。

ちなみに、メンバー登録と無料クーポンを使ってのダウンロードは、クレジットカードの登録は不要です。また家電量販店で販売されている「e-onkyo music」のプリペイドカードを使って購入もできるそう。
スマートフォンでハイレゾ音源を楽しむ! 具体的な方法は?
image
多くの方にとって身近なミュージックプレイヤーとなる、スマートフォンでのハイレゾ視聴について。こちらはスマートフォンがハイレゾ対応かどうかによってステップが違ってくるそう。大きくは、ハイレゾ対応のAndroid、ハイレゾ未対応のAndroid、ハイレゾ未対応のみとなるiOS(iPhoneなど)の3種類に分けられます。
まず、ハイレゾ対応のAndroidは標準でインストールされているミュージックプレーヤーアプリでハイレゾ再生が可能なので、ダウンロードしてそのまま楽しめます。ハイレゾ未対応のAndroidとiOSは、再生にハイレゾに対応したアプリが必要となります。(Abdroidはハイレゾを直接ダウロードは可能。iOSはPCでダウンロードしたのちiOSへ転送する必要あり)

ここで登場するのが、オンキヨーの「Onkyo HF Player」。ハイレゾが再生出来ることに加え、オーディオメーカーならではの技術を駆使した高音質、さらには高精度イコライザも装備されたミュージックプレイヤーアプリです。スマートフォン内のハイレゾ以外の音源も視聴できるので、音楽好きに是非インストールしていただきたいアプリとのこと。
スマートフォンの再生環境を整え一曲ダウンロードし、ハイレゾ対応のヘッドホンや高音質のヘッドフォンを用意すればついにハイレゾライフのスタートです! さらにワンランク上の音質を求めるならば、より音質にこだわって設計されたDAC内蔵「ポータブルヘッドホンアンプ」(写真右)の使用がおすすめだそう。

※ダウンロードは無料。iOSのみハイレゾ音源を聴く際に、別途「HD プレイヤーパック(¥1200)」の購入が必要。
ハイレゾ音源をスマートフォンからダウンロードして保存できる、
「DIGA」を使ったPCレスのハイレゾライフ!
image
第二部の「DIGAを使用したPCレスのハイレゾダウンロードについて」がスタート。自宅でハイレゾライフを楽しむためのオーディオや周辺機器のセットアップや再生までのプロセスが複雑な場合もあり、ハードルと感じるユーザーも多いのだそう。こちらをぐっと簡単するのが、パナソニック製のブルーレイ/DVDレコーダー「DIGA」。予め設定を済ませ、スマートフォンからハイレゾを購入すれば、PCを介することなく自動で「DIGA」のHDDへダウンロードし保存してくれるそう。「DIGA」からルーター経由でネットワークオーディオなどに接続すればダウンロードしたハイレゾが再生できます。これまで主流だったPCへダウンロードしたハイレゾを他の機器へコピーする手間がはぶけ、外出先からの購入で家でのダウンロードの待ち時間がなくなり、セットアップもシンプルになるので初心者にもおすすめなのだそう。

こちらの設定方法と曲をダウンロードする過程を、実際にデモを行い説明していきます。この日は、配信が開始されたばかりの、綾香の「レインボーロード」から一曲をダウンロード。「7.1ch対応AVレシーバー TX-NR636」を主体としたホームシアターから、きめ細やかなで豊かな音色が流れ会場を包みます。この心地よい音が自宅で楽しめるのなら、難しそうなセットアップもがんばってみようという気になりそうです。

体験会には、すでに「DIGA」をお持ちで、ハイレゾの保存方法が解らないため参加したという方もいらっしゃるとか。しっかりと質問の時間も設けられので、ここで直接担当者に聞けば解決も早そうです。
ショールームで使われていた「DIGA」は、DMR-BRZ2000。2TB(テラバイト)の大容量で、ハイレゾ音源のほか、映像や写真などもたくさん保存できます。2015年5月には、2TB、4TB、8TBとさらに大容量のモデルも発表されるそう。ハイレゾもダウンロードし放題ですね!
聴き比べてたり、浸ったり、ハイレゾが存分に楽しめるショールーム
image
体験会の前後には、ショールーム内のいろんな機器でハイレゾを楽しむことができます。
左は、TEACの据置型ヘッドホンアンプ UD-501DAコンバーター HA-501を使ったハイレゾ視聴コーナー。ハイレゾはもちろんのこと、自分のスマートフォン内にある音源の視聴も可能です。不明な点は、ショールームのスタッフがしっかりと対応してしてくれます。

私も取材後に、2015年3月に配信を開始した「サカナクション」の中から代表曲「ネイティブダンサー」を視聴。自分のiPhone内にあるMP3音源と聴き比べてみたところ、これはもう、想像以上の違いでした! “淡い日に僕らは揺れた“というサビ部分のきらめきと透明感、そして息遣いも感じるほどの臨場感。ハイレゾは「音がいい」という粋を越えて、よりリアルにアーティストを感じることなんだと、聴き比べることで実感できました。

右は、デビュー記念日となる3月21日にシングル全42曲を一斉配信した小泉今日子のハイレゾ音源を集めたコーナー。80年代のなつかしのヒット曲から、NHK朝ドラ『あまちゃん』挿入歌『潮騒のメモリー』、『続・最後から二番目の恋』劇中歌『T字路』まで、よい音でキョンキョンワールドに浸れます。
ギブソン試奏ゾーンでギターを堪能し、イベントスペースではライブも楽しめる
image

会場となる「Gibson Brands Showroom TOKYO」は、「弾いて(ギブソン)、録って(ティアック)、聴く(オンキヨー)」新しい「音響と音楽」の世界を実現するショールーム。2014年7月のオープン以降、世界からギブソン愛用者やアーティストが訪れ、ショールームの壁にはたくさんのサインが並びます。一階には、山崎まさよし、元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、ANVILなどのサインが! サインを眺めるのも楽しさのひとつです。

二階のギブソン試奏ゾーンがでは実際にギターを弾くことができ、イベント展示スペースと一階のフリースペースでは音楽を楽しむイベントやアーティストのライブなども開催しています。水曜日を中心にランチタイムに癒しのひとときを提供するミニコンサートも。 是非、FACEBOOKやイベントスケ―ジュールをチェックしてみてください。

オンキヨー株式会社 FACEBOOK
Gibson Brands Showroom TOKYO イベントスケ―ジュール
※その他、各イベント主催者のホームページ、SNSで告知されております。

以上、オンキヨー主催の「PCレスのハイレゾダウンロード説明・体験会」レポートでした。
ハイレゾを感じてみたい方、興味のある方、始め方よく解らないという方は是非足を運んでみてください。
※こちらの体験会は終了となりました。
沢山の方にご来場いただき、ありがとうございました。


【担当】
オンキヨー&パイオニア株式会社
シアター事業本部 マーケティング部
マーケティング2課 本谷恵佑さん
Gibson Brands Showroom TOKYO
【住所】東京都中央区八重洲2-3-12 オンキヨー八重洲ビル1F・2F
【アクセス】 JR東京駅 / 地下鉄銀座線京橋駅より徒歩約5分
【電話番号】 03-6265-1148
(取材:橘内弘恵)
こちらは、2015年5月の情報です。現在お取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。
また、商品のお問い合わせは直接各ブランドへお願いいたします。
   
  HOT TOPICS TOP