ホーム >> HOT TOPICS >> 2017年12月7日(木)グランドオープン MASTERWAL GINZAに、オンキヨー&パイオニアによる「音楽を楽しむ空間」
2017.12.12 UPDATE

HOT TOPICS

 
 

2017年12月7日(木)グランドオープン
MASTERWAL GINZAに、オンキヨー&パイオニアによる「音楽を楽しむ空間」

Check
image

2017年12月7日(木)、「MASTERWAL GINZA(マスターウォール ギンザ)」がグランドオープンしました。 デザイン・音楽・アートを融合した、上質でラグジュアリーな空間やサービスを銀座から世界に発信する、MASTERWALの全く新しいコンセプトショップです。

こちらの一角に、ライフスタイルネットの運営会社 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが取り扱うオーディオをコーディネートした「音楽を楽しむ空間」も登場しています。

ワンランク上のMASTERWALを展開する「MASTERWAL GINZA」オープンの様子と、「音楽を楽しむ空間」をご紹介します。

心地いいインテリアと、いい音。
豊かなひとときをつくる「音楽を楽しむ空間」
image
GINZA SIXに隣接する新しい商業施設「BINO銀座(ビーノギンザ)」の6階にオープンした、MASTERWAL GINZA。エレベーターが開いた、正面に「音楽を楽しむ空間」が広がります。
image
目をひくのは、堂々とした佇まいの「HEAVEN SOFA」。フェザーをふんだんに使ったボリュームたっぷりのクッションを、ウォールナットの無垢材のフレームが支える贅沢な仕様です。こちらにゆったりと座り、音楽が聴くことができます。カウチに座って足を伸ばしたら、さらに寛げます。
image
心地いい音を鳴らすのは、イギリスのブランド「Mission」のスピーカー。直線的なデザインの「BASS AV BOARD(W2400タイプ)」に、スクエアなフォルムの「LX-4」をコーディネート。画像のように、スピーカーネットを外せば、また違った雰囲気が楽しめます。
image
レコード、CD、Bluetoothで音楽が楽しめるオーディオは、すべてオンキヨーブランド(詳細下部)。
オーディオラックは、MASTERWALとオンキヨーが共同開発をおこなった「STAGE」。大きなAVアンプもしっかりと収納できます。
image
「ゆったりとした時間を味わってほしい」という想いから、この空間にはあえてレコードプレーヤーも設置。

レコードプレーヤーの針を丁寧に降ろして、ソファにゆったりと座って、アナログレコード独特のあたたかな音質で好きな音楽を楽しむ。

そんな豊かなひとときを味わえる空間です。是非お立ち寄って、体感してみてください。

オンキヨー マニュアルレコードプレーヤー CP-1050(D) 
製品詳細ページ
新しいウィンドウを開く 公式ショップ オンキヨーダイレクト 新しいウィンドウを開く

オンキヨー CDプレーヤー C-755(S) 
製品詳細ページ 新しいウィンドウを開く 公式ショップ オンキヨーダイレクト 新しいウィンドウを開く

オンキヨー ネットワークレシーバー R-N855(S) 
製品詳細ページ 新しいウィンドウを開く 公式ショップ オンキヨーダイレクト 新しいウィンドウを開く

MISSION LXシリーズ フロアスタンディングスピーカー LX-4(BK)
製品詳細ページ 新しいウィンドウを開く 公式ショップ オンキヨーダイレクト 新しいウィンドウを開く
ウォールナットを追求した、新コレクション「THE LIVE EDGE」
image
グランドオープンとともに、初お披露目となった「THE LIVE EDGE(ザ ライブ エッジ)」。
ウォールナットの自然な造形をそのままのライブエッジ材をつかった、ダイナミックなオーダーメイドシリーズです。気に入った一枚板を選び、テーブルやソファ、ベッド、インテリアアクセサリーなど、何を制作するか決めていきます。画像のように、天井に取り付けてもアクセントになってよいですね。
image
「THE LIVE EDGE」シリーズは、MASTERWALのウオールナット材へのさらなる追求。
オーダーメイドなので、住空間から商業施設や公共空間のさまざまニーズに応えることができます。
image
ライブエッジ材でつかった、AVボードやソファは唯一無二のプロダクト。思わず触れたくなる魅力があります。デザインは、MASTERWALの代表作を手がける伊藤 浩平氏です。
image
まるで森の中で眠るような気分になりそうなベッド。
このように、自分が惚れ込んだ一枚板で、好きな家具が作れたら最高ですね。
ライブエッジ材のラインナップは、MASTERWAL GINZAや展示のほかに「THE LIVE EDGE」のサイトでもみることができます。
壁面をデザイン・コーディネートする収納「modular storage」
image
こちらも初お披露目となった、「modular storage(モジュラー ストレージ)」 。
従来の壁を覆い隠す収納と違い、壁面の余白を活かしデザインやコーディネートも楽しむ壁面収納シリーズです。画像のように、照明やガラス扉を追加すれば、コレクションボードのようにも使用できます。
image
床から浮いた壁面収納なのでランダムに配置することが可能で、空間に軽やかさやリズムを生み出します。
手前のダイニングテーブルは、人気の「WILDWOOD THICK 41 DINING TABLE」。天板の側面に真鍮を埋め込んだラグジュアリーな仕様は、銀座店のスペシャルエディションです。チェアーは、小林幹也氏デザインのYUシリーズ。曲線を用いたデザインが空間を優しく彩ります。
image
「音楽のある空間」の壁面収納とカウンターも、同じ「modular storage」シリーズ。空間にあわせてカスタマイズ可能なので、ご興味のある方はスタッフにご相談してください。
ワンランク上のMASTERWALを感じる、上質なリビングシーン
image
広々とした約250uの店内には、上質なリビングシーンが広がります。
image
MASTERWALの中では、ややシートがや高めの「PORO SOFA(ポロ ソファ)」の革張りバージョンと、ガラスの天板が印象的な「FOX LIVING TABLE(フォックス リビングテーブル)」。
image
いろんなアイテムが組み合わせが楽しめる「COMPOSIT SYSTEM SOFA(コンポジット システム ソファ」。いろんな方向から、座れることも魅力です。
奥の「THE LIVE EDGE」シリーズのドアは、まさにMASTERWAL GINZAらしいアイテムです。
image
低い座面にゆったりと寛げる「DANISH SOFA(デニッシュ ソファ)」を中心とした、白が基調のリビングシーン。初披露となった「SUPREMO AV BOARD(スプレモ AVボード)」の天板と側板をホワイトで塗装したバーションに、FLOSの照明「TARAXACUM 88」をあわせた上質な空間です。
各リビングシーンでも、これまでにないワンランク上のMASTERWALが体感できます。
話題の卓球台も登場! 上質と楽しさに溢れる、MASTERWAL GINZA
image
2017年9月の発表以来、話題の卓球台「YU UA1(ユー ユーエー1)」も店内の中央にありました!
image
卓球台は、小林幹也氏のデザイン。お揃いのラケットもあります。
実際にプレーしてみると、「卓球って、こんなに楽しかったっけ?」と再認識するかも。
ネットを取り外すこともできて、普段はテーブルとしても使えます。
image
ウォールナットをつかった小物も展開しています。奥には、新コレクション「ROSHE MIRROR(ロシェ ミラー)」もありました。
image
MASTERWALの本社と工場は岡山にあります。工場の職人さんの写真に、丁寧に愛情込めて制作されている様子が感じられました。撮影は、フォトグラファーのイノクチサトシ氏
image
グランドオープンに先駆けて開催されたレセプションパーティーには、多くの人々が駆けつけ大盛況! 笑顔と笑い声があふれた、素敵なスタートとなりました。
MASTERWAL GINZAは、銀座駅 A3出口より徒歩2分
image
MASTERWAL GINZAは、GINZA SIXに隣接する新しい商業施設「BINO銀座(ビーノギンザ)」の6階。館内には、日本人のためのコーヒーを追求する「神乃珈琲」などのカフェやレストランもあります。

ウォールナット家具をメインにした上質な空間と、オンキヨー&パイオニアによる「音楽を楽しむ空間」を体感しに、是非足を運んでみてください。

MASTERWAL GINZA 新しいウィンドウを開く

【住所】 〒104-0061
東京都中央区銀座5-8-9
BINO銀座 6F
Google MAP 新しいウィンドウを開く
東京メトロ 銀座線 A3出口 徒歩2分
TEL: 03-6263-9705  FAX:03-6263-9706
【WEB】 マスターウォール 公式サイト&オンラインショップ
マスターウォール FACEBOOK
マスターウォール Instagram
マスターウォール Twitter
(記事:橘内弘恵)
こちらは、2017年12月の情報です。現在お取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。
また、商品のお問い合わせは直接各ブランドへお願いいたします。
   
  HOT TOPICS TOP