ホーム >> HOT TOPICS >> 坂本龍一『設置音楽展』@ワタリウム美術館 オンキヨー&パイオニアのAV機器も使用されています
2017.04.10 UPDATE

HOT TOPICS

 
 
坂本龍一『設置音楽展』@ワタリウム美術館
オンキヨー&パイオニアのAV機器も使用されています
Check
image

2017年4月4日(火)〜5月28日(日)、ワタリウム美術館で坂本龍一氏の8年ぶりのアルバム「async」のリリースを記念した『設置音楽展』が開催されています。

ニューアルバム「async」は、 「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」という坂本氏の想いから、リリース前に一切試聴できなかった作品。「良質な環境で音楽に向き合ってもらえたら」という想いと「映像喚起力の強い音響作品である」という点から、映像アーティストをコラボレーターに迎えたインスタレーションとともに、この『設置音楽展』で全貌が明らかになりました。

会場の「音」にもこだわり、坂本氏がもっとも信頼するムジークエレクトロニクガイザイン製スピーカーで再生する5.1ch サラウンドを構築。4Fのインスタレーション空間では、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが取り扱う、AVレシーバー「Integra DRX-R1(B)」とBDプレーヤー「Pioneer BDP-LX88」も使用されています。

ライフスタイルネットでは『設置音楽展』の概要と、AV機器の展示の様子をお伝えします。

Ryuichi Sakamoto | async
坂本龍一『設置音楽展』
image
2F async -drowning- 
坂本龍一氏によるアルバム『async』全曲の5.1chサラウンドMIX 試聴と高谷史郎氏の映像で構成されたメインフロア。
映像:高谷史郎
image
3F async - volume -
アルバム『async』制作時に多くの時間を過ごした空間を映像で抽象的に捉え、その空間が持つ環境音とアルバム楽曲の中の音素材を混ぜたシンプルな映像とで構成するインスタレーション空間。
映像・音響:Zakkubalan
image
4F async - First ligh -
アルバム『async』の楽曲を用いたアピチャッポン・ウィーラセタクン氏とのコラボレーションによるヴィデオ・インスタレーション。
映像: アピチャッポン・ウィーラセタクン
image
1F async - communication wall-
ニューアルバム『async』を聴いた感想や疑問を自由に書いて貼るコーナー。会期中、坂本龍一氏本人からの回答やコメントがある可能性も。

B1F async - Vinyl archive & shop
ニューアルバム『async』のアナログ盤での試聴、映像作品の視聴スペースと坂本龍一氏関連グッズショップ。

4F async - First ligh
5.1chサラウンドで、オンキヨー&パイオニアのAV機器が使用されています
image
4Fの5.1chサラウンドは、坂本氏が最も信頼し、自らも愛用するムジークエレクトロニクガイザイン社製のスピーカーと、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが取り扱うAVレシーバー、BDプレーヤーで構成されています。この作品をじっくり楽しむためのベンチは、大阪を拠点にさまざまなクリエイティブを展開する「graf」によるもの。
image
BDプレーヤー(上):Pioneer BDP-LX88 新しいウィンドウを開く
AVレシーバー(下):Integra DRX-R1(B) 新しいウィンドウを開く
B1F async - Vinyl archive & shop
坂本龍一の音源販売とともに、オンキヨー&パイオニアのAV機器も展示販売
image
B1Fのミュージアムショップ「onSundays」には、ニューアルバム「async」のアナログレコード、CD、ワタリウム美術館で限定販売のTシャツ、坂本龍一氏のこれまでの作品や関連するアイテムが揃う「Vinyl archive & shop」がオープンしています。

ニューアルバム「async」の音源は、ネットでも販売中。
async(2枚組アナログ) |commmonsmart 新しいウィンドウを開く
async(CD) |commmonsmart 新しいウィンドウを開く
async(ハイレゾ音源) |e-onkyo music 新しいウィンドウを開く
image
その一角では、4Fのインスタレーション空間で使用されたAVレシーバー「Intgra DRX-R1(B)」、BDプレーヤー「Pioneer BDP-LX88」と、ムジークのスピーカーで構成されたオーディオで、坂本龍一氏の音楽が試聴できます。5.1chサラウンドとはまた違った、2chステレオでの音をお楽みください。こちらで、AV機器の購入も可能です。

また、ニューアルバム「async」をアナログレコードで試聴できるコーナーも設置され、いつもと違った雰囲気の「onSundays」になっています。よく行かれる方もどうぞお楽しみに。
※ディスプレイの旧作品のアナログレコードは、非売品となります。
ワタリウム美術館は、東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩8分
image
国際的なコンテンポラリーアートを多く展示する「ワタリウム美術館」。1990年のオープン以来、日本のアートシーンを牽引する役割を担っています。

場所は、東京メトロ銀座線の外苑前駅3番出口を出て、青山通りを渋谷方向に向い、青山3丁目交差点を右折し、1つ目の信号機の左側。スイスの建築家マリオ・ボッタによって設計された印象的なビルが目印です。

坂本龍一氏のニューアルバム「async」の世界観を「いい音」とともに体感できる『設置音楽展』 。
是非足を運んでみてください。

Ryuichi Sakamoto | async
坂本龍一『設置音楽展』

【開催日時】 2017年4月4日(日)〜5月28日(日)
11:00〜19:00
※毎週水曜日は21:00まで
※月曜日 休館
【開催場所】 ワタリウム美術館 新しいウィンドウを開く
2階、3階、4階
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6
Tel:03-3402-3001
アクセス情報 新しいウィンドウを開く
【入場】 大人1,000円 
学生500円(25歳以下)
70歳以上の方 700円
ペア券:大人 2人 1,600円
【主催】 Commmons I AVEX ENTERTAINMENT INC./ Kab Inc. 新しいウィンドウを開く 

(記事:橘内弘恵)
こちらは、2017年4月の情報です。現在お取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。
また、商品のお問い合わせは直接各ブランドへお願いいたします。
   
  HOT TOPICS TOP