競馬新聞でよく見る記号(☆マーク)の意味は?

みなさん、こんにちは。

馬人(うまじん)です!

今回は競馬新聞でよく見る記号について解説していきます。

新聞を見ていて「◎」や「○」などがそのレースで有力馬であるのは分かります。

しかし、「△」や「☆」は有力馬なのか?と疑問に思うことはありませんか?

これらの記号は馬の評価を記号で示す指標です。

評価の順番は上から◎→○→▲→△→☆となります。

それぞれの記号の意味を知ることで今後の競馬予想に応用出来ちゃいますね。

この記事を最後まで読めば、次の予想に役立つこと間違いなしですよ!

それでは、詳しく見ていきましょう。

競馬新聞の記号(マーク)の意味を解説!

それでは競馬新聞に使用されている記号(マーク)についてみていきましょう!

「◎」1番手評価

◎がついてる馬はそのレースで1番有力とされている馬です。

1着になる可能性が最も高く、かなりの高確率で3着以内に入る馬につけられます。

◎がついている馬を軸にして予想するのがオーソドックスであると言えるでしょう。

「○」2番手評価

○がついてる馬は1着の対抗になる馬で、そのレースで2番目に有力とされている馬です。

1着の馬に勝つ可能性を秘めているという意味で○をつけている場合もあります。

「▲」3番手評価

▲がついてる馬は「単穴」と呼ばれ、3番目に有力とされている馬です。

「△」4番手評価(3着以内の可能性)

△がついてる馬は「連下」と呼ばれ、1着になる可能性は低いが3着以内に入る可能性がある馬につけられます。

3連複や3連単などを購入する場合には参考になる記号と言えます。

「◎」・「○」・「▲」は1レースにつき1頭にしか記号をつけることができませんが、「△」は複数頭に記号をつけることが可能です。

「☆」5番手評価(上記以外で注目している馬)

☆がついてる馬は上記以外の注目馬につける記号です。競馬新聞では穴馬に☆をつけることが多いようです。

穴馬とは、4番手評価の下にあたる馬なので3着以内には入らないが、予想家としては選択肢の一つとして残しておきたい馬ということですね。

「×」5番手評価(最近はあまり使われない)

×がついてる馬は☆と同様に注目馬につけられます。

しかし、最近ではあまり使われなくなったので見かけることは少ないかもしれません。

まとめ

今回は競馬新聞でよく見る記号について解説していきました。

今までは「◎」や「○」しか気にしていなかった方も、この記事を参考にして3連単などに挑戦してみてくださいね!

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました