ホーム >> ビルトインオーディオライフ >> 使いこなし術 >> シーリングサウンドシステム ACCO 基礎編 vol.01 ACCOの外部入力でいろいろなオーディオ機器が楽しめます


使いこなし術

ビルトインオーディオ(シーリングサウンドシステム ACCO、Stylish Theater)の
楽しく便利な「使いこなし術」と、ホームシアターの豆知識やAV機器用語もご紹介していきます!

シーリングサウンドシステム ACCO 基礎編 vol.01

ACCOの外部入力でいろいろなオーディオ機器が楽しめます

シーリングサウンドシステム ACCO インウォールアンプ

シーリングサウンドシステム ACCOには、iPodの音楽(専用のドック)とインターネットラジオが聴くことが出来る他に、いろいろなオーディオ機器の再生が楽しめる外部入力(入力1、入力2)がついています。

今回は外部入力1・入力2での、いろいろなオーディオ機器の再生方法を紹介します。


外部入力1

インウォールアンプ底面にある「外部入力1」は、ヘッドフォン端子がある機器であれば接続可能です。

iPod以外のデジタルオーディオプレーヤーや携帯電話、ポータブルCDプレイヤーなどなど。また曲は全てPCに入れて楽しみたいという方は、PCを直接つないで再生も出来ます。ネットワークや通信機能などの面倒な設定も必要なく、ケーブル1本で簡単です。

1.インウォールアンプ底面にある「外部入力1」に市販のステレオミニプラグコードをつなぐ。

2. 市販のステレオミニプラグコードを、デジタルオーディオプレーヤー、携帯電話、PCなどのヘッドフォン端子とつなぐ。

3.「iPod/入力」ボタンで「入力1」へ切り替え。

■デジタルオーディオプレーヤー
(例えば、ソニーWALKMANなど)

■携帯電話

■ポータブルCDプレイヤー

■PC


外部入力・2

インウォールアンプの背面にある「外部入力2」は、予め準備が必要です。

1.取付工事時に、インウォールアンプ背面にある「外部入力2」と、オーディオ用信号コンセントを配線・接続しておきます。 (壁内の作業なので、専門業者へ依頼となります)

2.壁内接続したオーディオ用信号コンセントの「音声入力」にステレオミニプラグ⇔ピンプラグコードを使いポータブルCDプレイヤーやPCなどのヘッドフォン端子とつなぐ。

3.「iPod/入力」ボタンで「入力2」へ切り替え。


■ステレオミニプラグ⇔ピンプラグコード

■ポータブルCDプレイヤー

■PC


いつも、ヘッドフォンやPC用スピーカーで聴いている音楽を、天井の埋め込みスピーカーで違った楽しみ方が出来ます。
試してみてはいかがでしょうか

こちらに掲載の情報は、2012年5月30日のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。