ホーム >> ビルトインオーディオライフ >> ショールーム日記 >> 2011年10月・11月・12月 >> Stylish Theaterリニューアルしました


ショールーム日記

「シーリングサウンドシステム」が体験できるショールーム「Pioneer Built-in Audio Gallery」の
スタッフによる日記です。新宿のリビングデザインセンターOZONE 6Fより発信!

Stylish Theaterリニューアルしました

2011年12月7日(水) クマさん

パイオニア ビルトイン オーディオ ギャラリーではインテリアの邪魔をせずすっきり収まるホームシアター「Stylish Theater」を提案しています。これまでは、天井に埋め込む迷惑レススピーカー「S-ICH200」と「AVアンプ「VSX-S300」を使った5.1chサラウンドと、 AVアンプ 「VSA-1020」と「SOUND WINGスピーカー」を使った2.1chサラウンドのホームシアターを体感していただいていました。

今回、この秋に発売されましたAVアンプ「VSX-S500」(VSX-S300の上位機種)を使ったホームシアターにリニューアルしましたので紹介します。

AVボードに、左上に「VSX-S500」と右上に「VSX-S300」を左右に並べて設置しました。

5.1chサラウンドはAVアンプ「VSX-S500」とパッシブサブウーファー「S-SLW500」を使ったシステムで体感出来ます。

新発売のAVアンプ「VSX-S500」は、以前発売された「VSX-S300」と比較しネットワーク機能の他、多彩な機能が充実しました。
「VSX-S500の」の主な機能紹介です。

@ネットワーク機能
ネットワークに接続されたPCやメディアサーバー(DLNAに準拠)内の音楽ファイルが再生出来ます。

Aインターネットラジオ
世界中の放送局リストから、お好きな放送局を聴くことが出来ます。

BiPod/iPhoneのUSB接続再生
iPod/iPhoneに付属の接続ケーブルで再生可能なUSB端子が付きました。 (充電も出来ます。)

こちらは2.1chサラウンド。AVチャンネルマルチアンプ「VSX-S300」と迷惑レススピーカー「SOUND WING(S-HVH001)」 を使っています。「VSX-S300」に搭載されている「SOUND WING」専用のサラウンドモードで、ワイドに広がるサラウンドを体感頂けます。

フロントスピーカーだけで、部屋いっぱいに広がる2.1chサラウンドを体感してみて下さい。

みなさんのご来場をお待ちしています。

こちらに掲載の情報は、2011年12月7日のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。