ホーム >> ビルトインオーディオライフ >> 取付け事例 >> 06.美しい収納に囲まれたスッキリおもてなし空間〜東京都 南青山 HOUSE STORAGE TIME & STYLE


取付け事例

ビルトインオーディオを実際に取付けられたお宅のご紹介です。
導入のキッカケやお使い頂いている感想などをまとめています。

取付け事例06 美しい収納に囲まれたスッキリおもてなし空間〜東京都 南青山 HOUSE STORAGE TIME & STYLE

ライフスタイルネットでもおなじみのインテリアショップ「TIME & STYLE(タイム アンド スタイル)」が2012年5月に住空間における収納家具専用のショールーム"HOUSE STORAGE(ハウス ストレージ)"をオープンしました。美しい造作収納家具をメインにスタイリッシュにトータルコーディネートされた空間にはシーリングサウンドシステム ACCOも導入されています。

経年変化を楽しむ事が出来る収納家具

拡大画像 >> 拡大画像 >> 拡大画像 >>

東京メトロ「表参道駅」から徒歩7分、HOUSE STORAGEは根津美術館からほど近い南青山の一角にあります。美術館の庭園に広がる緑を眺める事が出来るガラス張りの明るいショールームです。 奥行きのある空間には、様々なライフスタイルを想定したシーンで、収納家具の機能性、素材感を確認する事が出来ます。

TIME & STYLEでは以前からお客様からのご要望によってマンションリノベーション等で収納家具やインテリアのトータルコーディネートも手がけてきました。そういったノウハウが細部にまで生かされたHOUSE STORAGEの収納家具にはいくつかの特徴があります。まず、大きめのグリッドで仕切った扉に統一し、存在感を主張せず壁にとけ込むようなデザイン。そして、扉を開けるとお客様の要望に合わせた細かなサイズで棚や引き出しが隠されているという造り。どの部屋の収納も扉を閉めてしまえば、とてもスッキリとした空間になるというわけです。

要望の多いリビング収納では、お客様が持っている機器や所持品の大きさ、量など細かいヒアリングを経てじっくりと打ち合わせをするそう。使いやすく気持ちよく収納することで、本当に必要なものが自然と見極めていけそうです。
また、扉にモノフラットドアというスライド式の金物を使用する事により限られた空間の中で扉を開ける為のスペースが最小限に抑えることも出来ます。(ちょうど都バスの後部出口のような感じです。) 木目の面材には一般的に普及している突板よりも厚い突板が採用され、無垢材のような経年変化を楽しむ事が出来るのも魅力なのです。

“音”というインテリアもトータルコーディネート

HOUSE STORAGEでは壁面の美しい収納家具に合わせてソファやテーブル、照明器具などトータルコーディネートを提案していく上で"音"というインテリアも取り入れらていきたいと考えていたそう。特に女性から要望の多いキッチン収納の打ち合わせの際には、キッチンでBGMを希望される事が多くありました。

実はTIME & STYLE ミッドタウン店には以前からシーリングサウンドシステムACCOが導入されており、店内に流れる環境音をとても気に入っていただいていたそう。 そこで、HOUSE STORAGEオープンの際にも導入が決定されたということです。

落ち着いた木目の収納がある寝室シーンにはシーリングサウンドシステム ACCOのブラックモデル、自然光が入る明るいダイニングキッチンにはホワイトモデルが設置され、一日中さりげなくBGMが流れています。各シーンとも、かなりの収納力がある造作家具にも関わらず部屋の印象は潔いほどスッキリ。シーリングサウンドシステム ACCOの天井埋め込みスピーカーにはダウンライトと並んでも違和感のない穴あけ口径125mmのものが導入され、壁埋め込みアンプと共にインテリアを邪魔する事無くスッキリと収まっています。

拡大画像 >> 拡大画像 >>

ラジオならではの偶然的音楽との出会い

拡大画像 >>

オープンして1年以上が経ち、改めてシーリングサウンドシステム ACCOの感想をお聞きしました。
導入の決め手となった環境音の中でも鳥の声や波の音など自然の音が気に入っており、iPodの音楽とミックスして毎日ショールームのBGMとして流していただいているとのこと。また、営業時間外は、インターネットラジオに切り替えて、途切れない、邪魔しないBGMとして利用していることもあり、「あ、この音楽いいな」「この曲、懐かしい」などラジオで出会う音楽との偶然性も密かな楽しみになっているそうです。来店されるお客様を迎えるBGMのみならず、働いているスタッフの方たちの職場環境にもお役に立てているのは嬉しい限りです。

扉を閉めればスタイリッシュなおもてなし空間に

広々としたリビングダイニングキッチンで悩むのが、キッチン周りの電化製品や食器、食材備蓄品など。色や形もバラバラで、あっという間に雑然とした印象になってしまいます。そんな時も片手でサッと扉を閉めてしまえば、急な来客時にもスッキリとした空間をお迎えすることが出来るのは女性にとってはかなり嬉しいもの。どこからともなく流れてくるBGMは、さらにおもてなしの空間を豊かにしてくれます。

扉を開ければお気に入りのディスプレイを眺めたり、自在アーム金具で可動するテレビで映画鑑賞を楽しむプライベートな空間に。 美しい収納は扉で隠すだけではなく、扉を開ける楽しみもあるということを発見! 扉を開け閉めすることによりインテリアシーンのオン/オフも切り替える事が出来る、、、収納家具の奥深さを知ることが出来ました。

拡大画像 >> 拡大画像 >> 拡大画像 >>

住空間に組み込むという快適性

拡大画像 >>

HOUSE STORAGとシーリングサウンドシステムACCO。共通点は事前に配置計画をしておくことが必要となります。あらかじめ計画しておく事でデッドスペースが減り、ごちゃごちゃとした配線類が隠れ、スッキリとした空間を実現することができます。住空間に組み込むという快適性は体感しないとわかりにくいものですが、HOUSE STORAGEでは床、壁、天井などリアリティのある距離感で確認する事が出来るので、ご興味のある方はショールームへ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。その際はどこからともなく流れてくるシーリングサウンドシステム ACCOの音降る空間も是非体感してみて下さい。

  • モノフラットドア
  • 耐震ラッチ
  • 玄関収納
  • 洗面台下収納
  • 洗面台収納
  • リフト式のハンガーパイプ
(取材:シマザキトシコ)

こちらに掲載の情報は、2013年9月のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。