ホーム >> ビルトインオーディオライフ >> 取付け事例 >> 02.音と光をコーディネートした上質なおもてなしの空間〜神奈川県 秡川邸


取付け事例

ビルトインオーディオを実際に取付けられたお宅のご紹介です。
導入のキッカケやお使い頂いている感想などをまとめています。

取付け事例02 音と光をコーディネートした上質なおもてなしの空間〜神奈川県 秡川邸

ビルトインオーディオライフのコラム〜住まいづくりで考える「理想の音との暮らし」を書かれ、ライフスタイルネットの連載「実践!インテリア改善計画」でも活躍中のインテリアアーキテクト秡川寿美礼さんの自邸です。
老朽化してしまったご自宅を、使い勝手の良い平屋建てに全面建替えなされた秡川邸。 秡川さんはインテリアコーディネーターということもあり日々クリエイティブな仕事をされていらっしゃいます。 至る所にバリアフリーを始め様々な工夫が施されたご自宅は、仕事場を兼ねているため来客も多いとのこと。上手に音を取り入れた空間は、いつでも心地よくお客様をお招きする雰囲気が整っていました。

“音がある空間” はもともとライフスタイルの一部

秡川邸ではお母様が趣味で日本舞踊をやっていらっしゃることもあり、建て替えの計画段階において踊りの練習などを行うスペースの確保は当然のこと、音響についても考える必要がありました。しかしながらオーディオにはさほど詳しくないことや、大げさな音響装置は使い方も面倒で邪魔になり、無用の長物になってしまう不安もあると・・・。結局この役目の一部は従来から使っているラジカセに任せることになりましたが、時々視聴するレッスン用DVDなどは広い部屋でもちゃんと聞ける必要があります。邪魔になることなく操作も簡単なオーディオを新たに探していたところ、埋め込み型オーディオのACCOはまさに捜し求めていた機器ということでした。

インターネットラジオが毎日のBGM

テレビ放送をご覧になる機会が少ない秡川邸では、在宅中はBGMにACCOからインターネットラジオを流されているとのこと。沢山チャンネルがある中でなかなか全部を聴くことは難しい中、お気に入りはギターストリングス(ソロ)のチャンネルで、このBGMを聴きながら料理をするのはもう定番のスタイルになっているそうです。料理は毎日の作業ということもあり、インウォールアンプはすぐに操作ができるキッチンの壁面に取付けられていました。それ以外の時間では掃除など家事をしているときをはじめ、来客時には必ずお気に入りの音楽をBGMで流されているそうです。

招かれたお客様は、“まるでお店にいるみたい”とリラックス

ご自宅が仕事場を兼ねていることで来客も多い秡川邸。仕事でお客様と打合せをする場所には、資料を一度に並べても十分なスペースがある大きなテーブルがあります。 さらにお話を伺うと、ご友人もよくいらっしゃるとのことで、招かれたご友人の皆さんは天井からBGMが心地よく降りそそぐ空間に、「まるでお店みたい!」とコメントされて、すっかりリラックスモードへ。会話が途切れてしまうような“間”でも、BGMが流れていると、自然にその場が流れていく感じについ長居してしまうこともあるそうです。ゆったりとしたソファに座わられて、おしゃべりが弾む様子は容易に想像できました。

音のみならず、光も上手にコーディネート


家の中心にあるリビングでは、日中南側からの光がたっぷり入るハイサイドライトが室内を明るくしています。 隣にあるキッチンから漏れ聞こえてくるACCOの音楽は、視覚から感じられる素敵さ以上にこの空間をハイグレードに感じさせてしまうエッセンスとしてとても効果的です。またバリアフリーを考慮したバスルームにも自然光を取り入れ素敵な空間になっていました。こちらでは飾ってある木のオブジェが、自然の柔らかな光に適度に照らされて、まさにゆったりと落着く時間が過ごせそうな気がしました。

秡川邸は仕事柄、こだわりの中にも美しさをさりげなく取り入れられたところが随所に見られるご自宅で、感心することばかりでした。お話を伺っていくうちに、実はお風呂にもスピーカーを取付けたかったことや、インウォールアンプの色は白が良かったなあ、という本音もチラリ。 竣工時は対応できなかったことが少々残念・・・ということでした(現在はスピーカー拡張キットやインウォールアンプの白色バージョンなどが発売され対応可能)が、それでも当時に導入頂いたACCOについては日々ご活用いただいていらっしゃるとのことで、十分満足されていらっしゃいました。今後も上質な空間に音のアクセントをつけてくれるACCOをご愛用していただきたいと思います。

こちらに掲載の情報は、2011年9月のものです。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。