本イトはスタイルシートを使用しております。お客様がご使用のブラウザはスタイルシート非対応のため、表示結果が異なっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ホーム >> おすすめAVインテリア × パイオニア >> カンディハウス横浜 × 2チャンネル オーディオコンポーネントシリーズ「N-70A、A-70、S-CN301-LR」

カンディハウス横浜 × 2チャンネル オーディオコンポーネントシリーズ「N-70A、A-70、S-CN301-LR」

PHOTO

Vol.16は、日本有数の木工産地、北海道・旭川を代表する家具メーカー「CONDE HOUSE(カンディハウス)」。良質な木材を使用し、質の高い木工技術とデザインで、ロングユースな家具造りを行っています。
今回は2015年4月にリニューアルされたばかりの「カンディハウス横浜」のインテリアシーンに、パイオニアの2チャンネル オーディオコンポーネントシリーズ、「ネットワークオーディオプレーヤー N-70A」「インテグレーテッドアンプ A-70」「スピーカー S-CN301-LR」をコーディネート。その魅力をご紹介いたします。

青空と海が広がる、みなとみらいクイーンズスクエア

カンディハウス横浜は、みなとみらいを象徴する大観覧車「コスモクロック21」からほど近いクイーンズスクエア内、クイーンズタワーA棟の3Fにあります。(写真中央の高いビル)東急東横線直通みなとみらい線のみなとみらい駅に直結しているので、アクセスはとても便利です。海が広がり異国情緒あふれる横浜の街並みと、新しい商業施設やテーマパークが融合したみなとみらいは、お散歩にも楽しいエリアです。

リニューアルされた、カンディハウス横浜 
メインシーンは、安心+楽しさ=寛ぎをテーマとした「Happy-楽-」

130坪の広々としたカンディハウス横浜は、「もっと家時間を愉しもう」をテーマに提案する6つのシーンとおすすめの製品が並ぶゾーンで構成されています。こちらは、2015年4月にリニューアルされたばかりのメインシーン「Happy-楽-」。新居を建てる際に、明るいリビングを一番に希望された30代ご夫婦とお子様2人の4人家族を想定したコーディネート。自然光が降り注ぐ中に、ナラ材や軽やかなファブリックの家具が心地よく調和しています。こちらのコーディネートから、こだわりの家具をピックアップしてご紹介します。

木の質感が美しい、システムファニチャーam エスポワ(N)タイプ

「Happy-楽-」シーンの壁面を彩るのは、システムファニチャー am[アム] シリーズのエスポワ(N) TVボード+収納。 数百種類のパーツを組み合わせることによって、壁面収納、食器棚、リビングボード、デスクスペースなど目的と好みにぴったりの空間づくりを実現するamは、カンディハウスのロングセラーシリーズ。こちらの木質感豊かな突き板をランダムに配したエスポワ(N) タイプは、木の質感を好まれるお客様が増えたことから、2015年に追加され注目を集めているそう。これまでのamシリーズになかった、横方向の木目も新鮮です。

テレビやオーディオを置くのに最適なリビングボード。引き出しや扉を自由にセレクトできます。ルーバー扉の内部には黒いサランネットが張られているので、ボード内に設置したAV機器を見せることなく、リモコンでの操作も可能です。オーディオの配線を通すための通線孔を天板や棚板に追加したり、AV機器の数に合わせてコンセントを取り付けるなどのカスタマイズも思いのまま。最近ではリビングボードにテレビを置かず、オーディオを置いたり趣味のアイテムをディスプレイされるお客様も増えているのだそう。豊富なパーツを持つ、システムファニチャー amはフレキシブルな対応ができます。

ハイレゾ音源も楽しめる、パイオニアの2チャンネルオーディオコンポーネントシリーズ

こちらは、パイオニアの2チャンネルオーディオコンポーネントシリーズ。CDをはるかに上回る情報量を持つ高音質ハイレゾ音源が再生できる「ネットワークオーディオプレーヤー N-70A(右)」と、パイオニアのハイエンドモデル「インテグレーテッドアンプ A-70(左)」に、コンパクトながら高性能なブックシェルフスピーカー「S-CN301-LR」をコーディネート。前面がシャープなヘアラインで美しく仕上げられたプレーヤーとAVアンプ、木目調のエンクロージャーを採用したスピーカーとの組み合わせは、ナチュラルな空間にもぴったりフィットします。
近年、ハイレゾ音源に注目を集まりリリースも増えています。国内最大級のハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】では配信曲数が10万曲を超え、ジャズ、クラシック、ロックなどに加え、80年代のアイドルやアニソンまで配信されています。お気に入りの曲をハイレゾ音源で聴いてみれば、CD収録時にカットされていた音も感じ、新たな魅力を発見するかもしれません。

上質の寛ぎを提供するシステムソファー「MOLA LUX」

お気に入りの音楽をゆったりと楽しむひとときをつくるソファー。こちらは、カンディハウスが“心地よい究極のソファー”を目指した、MOLA LUX [モーラ ラックス]。ボリュームのある座クッションは、土台から中間層、表層まで、素材選びと構造を吟味して生まれた形。デザイナー吉野利幸氏が思い描く「抵抗感なくすっと迎え入れ、やわらかく沈み込ませ、しっかりと支える」座り心地を実現します。座面にできた皺は、フェザーをふんだんに使用した柔らかさの証なのだそう。程良く角度をつけた「への字型」のソファーは足もぶつかりにくく、家族が自然と輪になる団欒の時間を作ります。

ナラ材にビタミンカラーを効かせた、チャレンジ ダイニング

明るいナラ材でまとめらた軽やかなダイニング。チャレンジ ダイニング テーブルの天板は、「ランダムマッチ」という貼り分け手法が施され、まるで無垢材のような表情。脚部は「曲面と鋭角」を織り交ぜた個性的なデザインになっています。奥の食器棚もリビングの壁面収納と同様のシステムファニチャーamシリーズのエスポワ(N) 食器棚。実は、amで一番お問い合わせが多いのが食器棚。サイズはもちろん、お気に入りの器を見せたい、パントリーとして使いたいので収納力が欲しいなど、お客様の明確なご要望が多いアイテムなのだそう。カンディハウスでは、使い勝手に応じたプランが可能なので、気軽に相談してみてください。

"アンバランスの存在感"をキャッチフレーズに持つ、チャレンジ ダイニングのサイドチェアーアームチェアー。強度を保ちながらぎりぎりまで削り込んだフレームのデザインが、空間を個性的に演出します。「Happy-楽-」シーンのコンセプトに合わせ、ナラ材のフレームにイエローの張り地をセレクト。取材時の初夏の陽気にもピッタリな、楽しく心地よい組み合わせです。

豊富な樹種・塗装とパーツが揃うシステムファニチャーam

ショップ内に設置された、システムファニチャーam[アム]の樹種・塗装とパーツの見本コーナー。木質感を活かした木目が横方向となったエスポワ(N)タイプと、ナチュラルな木目が縦方向となったエスポワタイプ。ナラ、ウォルナット、ヒッコリーの塗装違い。ガラス扉、ルーバー扉やサランネットなどさまざまなバリエーションが確認できます。
システムファニチャーamのパーツはなんと数百種類以上! 基本のボックスは幅、高さ、奥行き違いで101のサイズがあり、それに合わせた引き出しや扉も用意され、豊富なサイズバリエーションを展開しています。さらには、環境に合わせたサイズの対応も行っているそう。希望のスペースに基本ボックスの組み合わせではピッタリはまらない、という場合などは是非スタッフに相談してみてください。

SHOPDATA

CONDE HOUSE

カンディハウス横浜
〒220-6003
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 
クイーンズタワーA 3F
TEL:045-682-5588

LINK

PRODUCTS ネットワークオーディオプレーヤー N-70A インテグレーテッドアンプ A-70 スピーカーシステム S-CN301-LR

カンディハウス横浜 × 2チャンネル オーディオコンポーネントシリーズ「N-70A、A-70、S-CN301-LR」 | CONDE HOUSEのインテリア >>

撮影:やまかわなおこ
取材・制作:橘内弘恵
カンディハウス横浜 × 2チャンネル オーディオコンポーネントシリーズ「N-70A、A-70、S-CN301-LR」
おすすめAVインテリア × パイオニア

2015年6月の情報です。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。