本サイトはスタイルシートを使用しております。お客様がご使用のブラウザはスタイルシート非対応のため、表示結果が異なっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

PHOTO

人や社会や地球への愛をテーマに生まれたライフスタイルストア「SLOW HOUSE(スロー ハウス)」。心地いいモノを選び、長く大切に使う「丁寧な暮らし」というコンセプトのもとにセレクトされた、家具、雑貨、アパレル、植物、フード、ボディケアグッズなど揃います。ジェネラルライフスタイルブランド「Ouur(アウアー)」や、Green Fingersが手がける「Terrarium(テラリウム)」も展開し、レストラン「SOHOLM(スーフォルム)」も併設する新しいライフスタイル複合ショップ「SLOW HOUSE」をご紹介いたします。

ジェネラルライフスタイルブランド「Ouur」

アメリカ・ポートランド発の季刊誌「KINFOLK」の編集長ネイサン・ウィリアムス氏がクリエイティブディレクターとして立ち上げた、ジェネラルライフスタイルブランド「Ouur(アウアー)」も見どころのひとつ。日本で一番「Ouur」のアイテムが揃うのが、この「SLOW HOUSE」なのだそう。洗練されたデザインのライフスタイル誌「KINFOLK」の世界観を体感できます。「ありのままの、美しいくらし」のコンセプトに上質なアパレルやテーブルまわりの雑貨など、快適で機能的かつシンプルな暮らしを提案しています。
Ouur Studio

KINFOLKの本国スタッフが履いていた、70年代前後のミリタリーアンダーウェアーをベースに作成したルームウェアや、オーガニックコットンを使用したやさしい風合いのストール、昔ながらのシャトル織機でゆっくりと織られた、滋賀県の近江麻を使用したスカーフなどのアパレルやファッション小物が揃います。丸い器は、篠本拓宏氏(tortoise)ディレクションによる長崎県波佐見で生産されるHASAMI PORCELAIN。シンプルなデザインの食器に惹かれます。ブラウンはOuurの別注カラー。
Ouur Studioハサミ ポーセリン ボウル ¥1,620(税別)〜

1点1点丁寧にリペアされたヴィンテージ家具

チークの経年変化した色味がとても美しいコンパクトなヴィンテージ デスク。両側にある鍵付きのチェストが便利です。チェスト部分の裏側も仕上げていて、細部まで丁寧にこだわって製作されています。奥行もコンパクト、背面も気にせず、レイアウトできるのもいいですね。ヴィンテージの家具は国内で丁寧にリペアされ、すべて1点ものです。
ヴィンテージデスク ¥158,000(税別) 、ヴィンテージチェア ¥20,000(税別)

ヴィンテージのリペア技術を生かした新商品「H.W.F」シリーズ

デンマークのユーズド家具は補修作業が間に合わないほど人気。中古家具はいずれなくなってしまいます。そこで登場したのがこの「H.W.F(HAND WORK FURNITURE)」シリーズ。日本で修理してきた技術を生かし、1950年代から70年代に生産されていた同じ工程で再生産し、その思いやこだわりを現代に受け継いでいきます。見た目はユーズドのような味がある新品の家具。古き良き北欧の手仕事を今に伝える家具シリーズです。 写真奥のオープンシェルフは小口の仕上げも同じく無垢、本体裏面も塗装してあるので、後ろ姿も美しいシェルフです。ベトナム戦争前に植林していたマホガニーを偶然みつけ使っているそう。
H.W.Fシリーズ

個性的なグリーンが揃う「KNOCK by GREEN FINGERS TENNOZU」

入口の階段下に広がるグリーンのコーナーは、NYで活躍中のGreen Fingers主宰 川本 諭氏がプロデュースする「KNOCK by GREEN FINGERS TENNOZU(ノックスバイグリーンフィンガー 天王洲)」。SLOW HOUSEの店内に展開しています。個性的な植物や、ガーデンアイテムなど幅広く取り揃えたショップです。お部屋にグリーンがあるだけで癒されますね。お庭が無くてもインドアガーデンとして是非取り入れてみては。
Green Fingers

スローハウスで人気の「Terrarium(テラリウム)」。川本 諭氏がプロデュースする、日本初上陸のオーダーメイドの「Terrarium」カウンターが登場しました。テラリウムとは陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術のこと。テラリウムにしたい植物とガラス容器を店頭で選び、好みの高さになるように土を調整します。植物が安定したら好みの砂や石でデコレーション。Green Fingersさんが店頭にいる土日にオーダーを受けています。是非自分だけの小さな世界を作ってみませんか。
テラリウム ¥2,500(税別)〜

架空のホテルをテーマにしたオリジナルブランド「ROYAL YARD HOTEL」

「ROYAL YARD HOTEL(ロイヤル ヤード ホテル)」という架空のホテルをテーマにしたアクタスのオリジナルブランド。とある国の架空のホテルに代々伝わるレシピを再現する、というコンセプトのもとに、新しい「食」の楽しさを追求しています。ソーダで割ったり、お料理のアレンジに使用したりできるコーディアル ジンジャーミントや、隠し味にハーブが効いたくるみバター、甘さを控えめにした果物に、ハーブやはちみつの隠し味が美味しい苺とミントのジャム、蝋引きのパッケージがかわいい本格的な味わいの紅茶など、大切な人のギフトに、朝食の楽しいひと時にいかがですか。
ACTUS ONLINE フード  ROYAL YARD HOTEL ジャム ¥800(税別)〜

安心して使えるコスメグッズ。実際にお試しできるアイテムも

「SLOW HOUSE」がこだわりを持って厳選したアイテムが並ぶコスメコーナー。今、注目は「nahrin(ナリン)」と「Bayberry Naturals(ベイバリー ナチュラルズ)」。自然食品の販売から始まったナチュラルコスメブランド「nahrin」では、40種類ものハーブや精油を配合した直接肌に塗れるアロマオイルが人気です。「Bayberry Naturals」は創設者であるナンシー・リデルが自身の出産をきっかけに、安心して使える100%自然な成分で植物ベースの製品を開発したボディケアブランド。バススクラブやバスソルトが人気だそう。この他にも多数のブランドを取り揃えています。店内には洗面台が用意されており、様々なボディケア商品を試すことができます。是非お試しください。

手間と時間をかけたこだわりのレストラン「SOHOLM」

「SLOW HOUSE」では、レストラン「SOHOLM(スーホルム)」を併設しています。店内は吹き抜けから自然光が降り注ぐ明るい空間。ナチュラルとホワイトを基調としたインテリアにブラックの椅子がアクセントになっています。暖かみのある空間は気軽にくつろげるカフェとしてもいいですね。外には運河を眺めるテラス席も。気さくなスタッフとの会話もまた楽しいひとときです。
レストラン「SOHOLM」

レストラン「SOHOLM(スーホルム)」では、オーガニック食材を中心に年間通して、鹿肉やしし肉をはじめとしたジビエ料理や、高級キャビアをリーズナブルに堪能できます。都内でも稀なメニューが並ぶのが魅力的。その他、生ハム、チョリソー、USオーガニックポーク、ハムなど好きなものを好きな量を注文できるのもいいですね。アラカルトメニューのほかに、コース料理もあります。素敵なインテリアが演出する心地よい空間で、大切な人とゆっくり食事をしたり気がおけない仲間とパーティーをするのもよいですね。
レストラン「SOHOLM」

海風が心地よいウォーターフロント

2020年のオリンピックに向けて、ウォーターフロントは急速に開発が進んでいます。これから運河沿いを歩くデッキも出来るそう。その先駆けとしてオープンした、「SLOW HOUSE」は、ビール工場併設のレストラン「T.Y.HARBOR」にほど近い、寺田倉庫エリアの運河沿いにあります。写真は、陽射しが心地良いレストラン「SOHOLM(スーホルム)」のテラスです。ペットもOKなのでお散歩の途中にランチをするのもいいですね。

いかがでしたか? 約760uの空間が広がる「SLOW HOUSE(スローハウス) 」。運河沿いの海風が心地よいウォーターフロントへ「丁寧な暮らし」を見つけに是非脚を運ばれてみては。
SLOW HOUSE >>

SHOPDATAショップ SLOW HOUSE

SLOW HOUSE
〒140-0002 
東京都品川区東品川2-1-3
TEL:03-5495-9471

LINK

インフォメーション


ボンドストリートマルシェへSLOW HOUSE/SOHOLMも参加!


人気の「テラリウム」、土日にオーダーを承っております

※こちらの情報は、2014年10月のものとなります。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。

取材・撮影:やまかわなおこ
制作:橘内弘恵
おすすめAVインテリア × パイオニア

2014年10月の情報です。現在取り扱いのない場合がありますのでご注意ください。